【進藤清十郎】「職場の人に話しかけられない…」を解決する方法

こんにちは

進藤清十郎です。

 

今日もメールを開いてくださり

ありがとうございます。

 

さて今日のテーマは

かなり深刻なテーマです。

 

そのテーマは

「職場の人に話しかけられない」

です。

 

これができなければ、

職場で人間関係を作れずに、

孤立して辛い思いをするので、

ぜひマスターしていきましょう。

 

あなたは職場の人と

年齢や趣味、ライフスタイルが

違いすぎることで

 

「何と話しかければよいか

わからない」

 

「会話をしてもいいのか、

考えすぎてしまい苦しい」

 

と悩んでいませんか?

 

そんなあなたに

今日のメルマガ講義では、

 

「職場の人に話しかけられない

問題の解決策」

 

をシェアしていきます。

 

◎なぜ話しかけられないか?

 

結論から言いますと、

あなたの「嫌われるかもしれない」

という思い込みが原因です。

 

わたしたちの

感情や行動の前には

必ず、

 

わたしたちの

価値観があります。

 

つまり……

 

「価値観→感情、行動」です。

 

たとえば過去に

人とのコミュニケーションで

最悪な経験をしたことがある場合、

 

「わたしが話しかけると

嫌われる」

 

という価値観が

作られます。

 

「話しかけると嫌われる」

この価値観を持つ人が、

 

職場で話しかけないといけない

シチュエーションに置かれると、

 

「不安や恐怖」という感情と

 

「危険を犯すくらいなら

何もしない」という行動が

出てきてしまうのです。

 

◎価値観は思い込み

 

しかし、こうした

極端な思い込みは

嘘です。

 

話しかけたら

100人に100人とも

嫌われることはありません。

 

ですから、

まずは挨拶でも

天気の話題でもいいので

 

話しかけましょう。

 

むしろ職場で何も

話さないと、

 

「気味が悪い」

と思われて、

 

嫌われる可能性が

飛躍的に高まって

しまいます。

 

ですので、

何もしなくて

嫌われるよりは

 

話しかけて

嫌われるリスクを

飛び越えた方が

よいのではないでしょうか?

 

◎話しかける方法

 

一番てっとり早い方法は

他の人の真似を

するということです。

 

たとえばわたしの場合、

職場に年配の女性が多かった

のですが、

 

なぜか、

洗濯の話題が多かったので、

 

「最近雨ばかりで洗濯が

できなくて辛いです」

 

と話をふることで、

話が盛り上がることが

多かったです。

 

職場によって

盛り上がるテーマは

違うので、

 

よく取り上げられる

話題を調べて

話かけるようにすると

よいでしょう。

 

「進藤さん、話題を調べるのは

できますが、話しかけられません」

 

という人は頭の中で

リハーサルをしてみましょう。

 

いきなり話しかけるのは

ハードルが高いです。

 

ですのでまずは

イメージからやりましょう。

 

次に挨拶。

 

その次は挨拶にプラス一言

追加して話す。

 

最後に話題をふってみる、

と小さなステップを

段階的に踏むといいと

思います。

 

大切なことは

一ミリでも前に

進むことです。

 

進藤清十郎