気を使ない人間関係を作る、最高のレシピ

こんにちは
職場の人間関係の問題
簡単・瞬間解決コンサルタント
進藤清十郎です。

最近は新しい企画を作っているため、
中々配信できず申し訳ございません。

わたしたちが苦手だったり、嫌な
人間関係・コミュニケーションの場面で、
もっと自由に、もっと楽しめるような
プログラムがあればいいな、と
最近考えるようになりました。

たとえば、職場の上司から
「お前はなんでミスをするんだ!」
と怒鳴られれば、

多くの人は「申し訳ございません」か、
もしくはミスの理由を答えるでしょう。

これは会話の選択肢が
2つしかない、と
思い込んでいる人が多いと思います。

しかし、その際に
別の選択肢として……

「部長、実はかつて堅実に生きようとした男がいました。
彼は人生30年のつもりで生きてきました。
しかし、ある日、彼は自分の余命が半年しかないことを
宣告されるのです……」

などとドラマのセリフのような言葉を
打ち込むこともできます。

しかし、わたしたちは
それができません。

わたしたちは人間関係・コミュニケーションの場において
自由ではなく、奴隷に等しいのです。

ですから、わたしは真に自由に、
あらゆる苦痛から解放されるためには、
コミュニケーションにおける「自由さ」という
ものが大切ではないか、と思うのです。

わたしのプログラムは、
あなたに「この瞬間、もっと自由に行動しよう!」
と共有するための意味合いが強いのです。

そして平穏を望んでいるのなら、
固定化されたコミュニケ―ションのパタンを
利用してはいけません。

そのパタンはあなたを
再び、辛い状況に叩き込みます。

全く新しいコミュニケーションのパタンを
知り、それを活用する「自由さ」を手に入れなくては
いけないのです。

―-――――――――――――――――――――――

さて前置きが長くなってきたので、
本題に入ります。

あなたは職場の人間関係で
気を使いすぎて辛い、
と感じることはありますか?

わたしも結構、
気を使う性質なので、

気を使うのも
大変だ、と思っています。

そこで今日のメルマガ授業では
「気を使わない秘訣」を
シェアしていきます。

■なぜ、気を使うか?

単刀直入に言いましょう。

あなたが「気を使う」
ような人間関係の様式を
学んでしまったのが
原因です。

たとえばデンタルケアを
完璧にできている方は
ほとんどいません。

ですので、多くの人は
歯周病にかかったり
虫歯になったり
するのです。

しかし、きちんとした
デンタルケアの方法を
知り、

それを実践していれば
こうしたリスクを取り除く
ことができます。

人間関係も同じです。

気を使うような
人間関係の様式で、
振る舞ってしまうので
気を使うのです。

気を使わない
人間関係の降るまい方を
知り、実践をすれば、

「気を使いすぎて
疲れてしまう……」

ということは
なくなるでしょう。

■どうしたら
気を使わずに済むか?

気を使わない
人間関係術を
インストールするしか
ありません。

一番手っ取り早い方法は
身近にいる「気を使わない人」
の会話パターンを盗むことです。

たとえば
わたしは結構気を使う性格なので、

「プライベートのことを聞くのは
失礼かもしれない」

と考えてプライベートにあまり
踏み込まないように気を配って
いた時期があります。

しかし、わたしとは真逆に
同じ職場に全く気にせず、
プライベートのことを聞きまくる
人がいました。

「無粋な人だな!」
とわたしは彼を苦手に
思っていました。

しかし、彼の積極的なところは
素晴らしい。
遠慮なく、盗もう。

と決意して、
彼の言葉をメモをして、
頭に叩き込みました。

彼はよく
「好きな漫画は何ですか?」
「休日は何をするのか?」
と会話を切り出し、

「~って面白いですよね!」
「僕も興味があるんですよ!
教えてくれませんか?」
と会話をポップコーンのように
膨らませていく、

会話のパターンを
得意にしていたので、
そのままパクって、
やってみることにしたのです。

そうしたら、
結果は驚くべきもの
でした。

「全く気を使わないで済む……」

そう、気を使わない会話の
パターンを身につけることで、

全く気を使わないで
済むようになったのです。

とはいえ、
「進藤さん、上司に気を使わない
会話のパターンはないでしょ?」

と疑問に思う方もいるでしょう。

あります。

あなたの身近にも
ひとりやふたりはいます。

彼らの
「上司に気を使わない会話を
してうまくいっている人の
パターン」を盗みましょう。

そのようにして
気を使わない会話のパターンの
レパートリーを増やしていけば、

どんな人間関係でも
気を使わないで済むように
なるでしょう。

進藤清十郎

───────────────

◎進藤清十郎とは?
私大を卒業後、大手小売業にて
店舗マネジメントに従事する。

その際、職場の上司からのパワハラや
職場いじめを受けて、「コミュニケーション力」
の不足を感じ、本やセミナーを通じて
身に着けようと努力するが無駄に終わる。

その際、メンターの助けを得て、
内向的なまま、人間関係をコントロールする
方法をマスターする。

現在は、卓越した職場のコミュニケーション、
人間関係力をマスターできる
総合メディア【コミュラボ】を運営し、

職場の人間関係の問題である
●パワハラなどのハラスメント
●悪口や嫌がらせ、いじめ問題
●うまくコミュニケーションが取れない
●ストレスで病気になる…
などの苦痛を開放するための、
心理学と脳科学的な知識と技術を提供中。

職場の人からは「宇宙人」「星プリちゃん」
などと評価されているが、
至って普通の人間だと自負している。

無類の炭酸水好きであり、
目隠しをしても、どのメーカーの炭酸水か
分かるほどである。
一番のおすすめは南アルプスの
スパークリングレモン炭酸水。

進藤清十郎のアドレスはこちらです。
メルマガの意見や感想、次に扱ってほしいテーマが
あれば気軽にメールをお願いします。
→comurabo@gmail.com