【進藤清十郎】ネチネチ上司をだまらせる攻略方法

こんにちは
進藤清十郎です。

今日もメールを開いて
くださりありがとうございます。

わたしたちの職場には
重箱のすみをつつくように
あなたのミスをあら探しを
したり

どうでもよいことを
「このやり方でやれ!」
と押しつけてくる
ネチネチ上司はいますよね?

「進藤さん、そいつわたしの
職場にいますよ」

という方に
おすすめな対策を
今日は講義のテーマに
していきます。

◎ネチネチ言う人の心理

ここでは2つの理由を
かるく説明します。

■幼少期の教育

重箱のすみをつつくように
しつけをされた人は
大人になったとき、

細かく人にネチネチ
言うようになります。

■自尊心を満たすため

人を見下すことで、
相対的に「私は価値がある」
と思えるので、

人を否定したり
バカにするのです。

この2つ以外にも理由が
あるため、

あなたの職場のネチネチが
どんな理由からネチネチ
しているのかは、
確定できません。

ただ対策をしなければ
このままネチネチが
続いてしまいます。

ですから、
対策をうたなければ
なりません。

◎ネチネチ言わせないために
あなたがやる
ただひとつのこと

あなたに
ネチネチ言ってくるのは、
あなたを「無害」だと
思っているからです。

つまり、
「あなたに何をしても問題ない」
と思っているため、

上司はあなたをバカに
するような言動を
取るのです。

そこで上司の
「あなたに何をしても問題ない」
という思い込みを変えることで、

ネチネチ上司が
あなたをバカにできなく
させてしましょう。

◎あなた=危険、という
思い込みをさせる

推奨はしませんが、
あなた=危険、という
思い込みをさせた事例を
シェアしましょう。

職場にネチネチ言ってくる
上司に悩まされている
男性がいました。

彼は数年、ネチネチに
耐えたのですが、
ついに我慢の限界を越え、

上司に思いっきり
切れてしまったのです。

それから彼は上司に
ネチネチ言われなくなりましたが
職場にいずらなくなってしまい、
結局、辞めてしまったのです。

あなたはここまでの
リスクを犯すことを
求めていないでしょう。

わたしたちはできるだけ
リスクを抑え、

職場の人間関係の問題を
解決するべきです。

そこで、
たったひとつの
上司にネチネチ言わせない
方法を紹介します。

◎ネチネチ上司を
黙らせる「トラップ」術

それは……

上司を活用する
ことです。

「進藤さん、どういう意味ですか?」

「意味がわかりません」

とおっしゃるでしょう。

今から2ステップで
簡単に説明します。

■ステップ1

事前に
トラップをしかける。

トラップをしかける、
というのは
落とし穴をほる、
ということではありません。

職場の場合は
たとえば
事前に仕事の進め方は
仕事の達成基準について

ネチネチ上司よりも
高い権限をもつ人から
教えてもらってください。

■ステップ2

トラップにかかるまで
待つ

あとは待つだけです。

ネチネチ上司は
あなたの仕事のやり方を
否定してくるので、

そこですかさず

「~部長の指示で~の
仕事の進め方をしているのですが、
問題があったでしょうか?」

と言いましょう。

ほとんどのネチネチ上司は
そこで黙って退散します。

もし
「~部長より、俺のやり方が
正しいんだよ」と言うようなら、

「~の仕事はミスがあると
わたしたちだけではなく、
取引先にも迷惑をかけてしまいます。

何かあってからでは遅いため、
~の基準はしっかりしないと
いけません。
そのため~部長に相談して参ります」

と、このような言い方で
返せば、

静かにネチネチ上司を
退散させることが
できるでしょう。

◎進藤さん、わたしには
できません……

と感じる方が
多いでしょう。

しかし、
あなたが今日対策を
しなければ、

明日も明後日も
変わらない毎日が
やってきます。

辛い毎日を
変えるのは
大変です。

しかし
やらなければ
わたしたちの日常は
何も変わらないのです。

進藤清十郎