カッコいい男、強い女になる方法

カッコいい男、強い女になる方法

こんにちは
進藤です。

職場のいじめやハラスメント、
クレームにたいして
決して「被害者」である
という意識が持ってはいけません。

わたしがメルマガでお伝えしている
メソッドもこの「被害者意識」があると
うまくいきません。

被害者である、という意識は
生肉をもって猛獣の檻のなかに
はいるようなもので、

「わたしをいたぶってください!」
と言っているのと同じです。

テクニックをいくら磨いても、
弱い気持ちがあると、
かんたんに揺らいでしまって、
テクニックを使えなくなってしまいます。

たとえば、
高圧的な上司に怒鳴られて
頭がまっしろになってしまうと、
何も言い返せなくなりますよね?

 

この画像の男性はかなり威圧的ですよね?

ちゃんと自分の意志表明はする!という人であれば、

相手がどんな人、どんな態度でもしっかり自分の意見を主張できます。

しかし、あなたの被害者意識がつよすぎると
「申し訳ない」「自分が悪い」
という気持ちになって、
やりかえせなくなってしまいます。

「俺はどんな状況になっても戦う戦士だ!」
「わたしは決してあきらめない!」
という意識……

 

女性なら悲劇と戦う
ディズニープリンセス

男性なら
マーベラルのヒーローのように
「俺は(わたしは)戦う戦士である」
という気持ちを持つことが大切です。

「シンドウさん、わたし50代なので
 プリンセスは当てはまらないと思います」

「俺は40代で中肉中背のメタボ男なので
 マーベラルのヒーローとは言えないですよ」

と思っているあなた!

==========

なりたい自分になろうと決意をしたら
言い訳せずになりましょう!

==========

カッコいい自分、
自分が「素敵」と思える自分になるのに
言い訳は不要です。

なりたいなら
なれるように頑張りましょう!

上司に理不尽に暴言を言われて
「自分が情けない……」と嘆く時間があるなら、

狡猾にやりかえして
「俺はできるんだ!」
「わたしは逆境に負けないシンデレラよ!」
と言い切れる、強い自分になれるように
トレーニングをしましょう。

あなたはあなたが思う以上に
成長も進化もできる。

だけど「俺なんか……」「わたしはダメです……」
と後ろ向きな考えでは
現状維持はおろかもっと悪化してしまいます。

●強い自分
●カッコいい自分
●自分が自分でいいと思える自分

いつだってその扉は
開かれています。

どこでもドアのように。

あなたは変われるのに
どこにでも行けるのに
どうしてそこで立ち止まっているんですか?

変わるチャンスはいつも
今、ここにあります。

★───────────────
職場のパワハラ、悪口、嫌がらせに対して
ゴキジェットのように効果テキメン! 初心者向けの「魔法の話し方」無料講座がおすすめです。

無料メール講座「パワハラ・いじめをシュシュッと解決し、
みんなから愛される【魔法の話し方】」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adbGHSvg

★───────────────
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
最速・簡単に解決する!

職場の問題に苦しむ人のための
脳科学・心理学マニュアル

■発行元
進藤拓磨

■WEBサイト
https://www.comurabo.com/

■進藤への質問、お問い合わせはこちらです
comurabo@gmail.com