ビジネスコミュニケーション専門のコンサルタントの目から「人間関係」「コミュニケーション」のあなたの悩みを本当に解決するためのヒントを裏の裏までお話をします。

【自己主張強い人】「わたしは正しい!」と主張する人への対応術

こんにちは
進藤です。

今日もメールを開いて
くださりありがとうございます。

職場には
「わたしの主張が正しい!」
と叫ぶ方が多く、

肩身のせまい思いを
している方が多いため、

今日のブログでは
「わたしの主張が正しい!」
人へのやさしい対応方法を
紹介します。

◎どうして自分の主張を
正しいと譲らないのか?

人間が自己評価の
生き物だからです。

つまり、
「自分は正しい」
「自分は価値がある存在」
と考える動機が人にはあります。

そのため、
自分の主張が通らないと、

「自分は正しくない」
「自分は価値がない」

という評価を自分で
してしまうことになります。

そう
自己評価が下がってしまう
わけです。

人は自己評価を下げたくない
ので、自分の主張を絶対に
曲げず、押しきろうとするのです。

*動機の強さは人によって
違います。また自己評価を
下げる動機が働く人もいます。

◎「自分の主張が正しい!」
と疑わない人への砂糖対応

砂糖対応は
2ステップです。

ステップ1

相手の主張を認める
(共感する)

たとえば、
「残業しないやつはダメだ!」
と上司が言うなら、

いったんは
「残業しないのはダメですよね」
と共感しましょう。

ステップ2

相手の価値観をずらす。

「残業しないのはダメ」
という例を再度、
取りあげて説明します。

「残業しないのはダメですよね。
わたしもガンガン残業して
成果に繋げたいのですが」

→ステップ1の共感

「人事が残業すると
マネジメント不足だと評価
してくるので、
残業できないですよ」

→ステップ2

となります。

つまり

あなたと上司、
ではどうしようもならない、
第三者を持ち出して

「残業できない」
と相手の主張を180度
曲げていきます。

それでも急に意見を
変えるわけでは
ありません。

残業の話題が
出るたびに、

うんざりすると
思いますが、

この2ステップを
繰り返してください。

早ければ、1週間ほどで
「残業するのはダメだ」
と言うようになるでしょう。

嘘のように感じられる
かもしれませんが、

やってみれば
意外とうまくいきます。

 


ここまでご覧いただき
ありがとうございます!

あなたに1つ謝らないといけない
ことがあります。

それは、今解説した方法が
あなたの問題を解決するかは
100%断定できない、ということです。

コミュニケーションや人間関係の問題は
「あなたの状態・職場の状況・望むゴール」に
合わせてオーダーメイドで解決策を作らなければ
解決できません

今だけ、このページをご覧になっている方限定で
1分100円の電話カウンセリングをご利用いただけます。
(通常60分12000円)

電話カウンセリングでは、あなたの問題の原因と
具体的な解決方法をお話をさせていただきます。


———————————————————————–
■お問い合わせ先
———————————————————————–

商品・サービスについてご不明点や知りたいことがあれば
お気軽に下のアドレスにご相談ください。
進藤が直接答えさせていただきます。

最新情報をチェックしよう!
>なぜ、あなたは苦しまないといけないのか?

なぜ、あなたは苦しまないといけないのか?

あなたは今まで悩みを解決するために色々な努力をしてきたと思います。しかし、悩みを解決することはできなかったのではないでしょうか? 実はあなたの悩みは、あなただけの特別なものであり、書籍やセミナー、youtubeの動画では「未来を本当に変える」解決方法が手に入らないのです。もしよろしければ、あなたの悩みを解決する、あなただけの【具体的解決方法】を手に入れてみませんか?

CTR IMG