武漢で最低でも36000人が亡くなったそうです。

武漢で最低でも36000人が亡くなったそうです。

こんにちは
進藤です。

コロナウイルスの被害が
莫大に広がっています。

発生地の武漢では
一日500人がなくなり、

焼却所が24時間
フル稼働で動いているそうです。

中国政府の報告では
死者数は低く見積もっている
そうですが、

実際は36000人は最低でも
ウイルスの影響で
亡くなっているのは
間違いありません。
(李ジャーナリストのリサーチによると)

イタリアでも5000人の死者が出た、
というニュースが出ていますが、
実際はもっと多いかもしれません。

このような情勢の中で
花見やコンサートを開いたり、
海外からの渡航者制限をかけないのは
あまりに危機感がなさすぎるのではないか?

未だにオリンピックを開催しようと
しているのはおろかだと
言わざるをえません!

日本ではまだ死者数が30人程度ですが、
実際はもっと多いはずです。

コロナに対して
もっと深刻になるべきでは
ないかと思います。

「首都封鎖」という言葉が
日本でもようやく出てきましたが、
おそすぎるくらいです。

ぼくたちにできることは
何か?

ひとりひとりが高い意識を
持ってコロナの対策に乗り出すことです。

●外出時はマスクを装着し、
手洗い・うがいをやりすぎだと
言われるくらいに行う。

●人が集まり、風通しが悪い場所には
行かない。

●睡眠をしっかりとり、
栄養のあるものを食べ、
ウイルスへの抵抗力をつける。

そして、首都封鎖になれば
イタリアやアメリカのように
買占めが起こります。

今のうちに
冷凍食品や缶詰など
保存がきく食品を
備蓄しておきましょう。

「首都封鎖」というニュースが出た瞬間から
スーパーや百貨店、コンビニから
あらゆる食料品が消えてしまいます。

そうなっては
本来、いきわたるはずの食料が
多くの人にいきわたらなくなります。

今のうちに
備蓄しておきましょう。

もしあなたが食品を扱う
企業に勤めているのなら、
発注を多めにしておいたほうがよいでしょう。

それこそ、東日本大震災のときと
同様の買占めが起こると
予想されます。

急に対応することは
難しいでしょうが、
命には代えられません。

進藤拓磨

★───────────────
職場のパワハラ、悪口、嫌がらせに対する
具体的な対策方法が知りたい方はこちらの
無料講座がおすすめです。

こちらの講座は一般的な「心理学」の書籍や
著名な精神科医のセミナーでも話していない
「嫌な人を撃退する」やってはいけない裏技を
具体的に紹介しています。

無料メール講座「パワハラ・いじめをシュシュッと解決し、
みんなから愛される【魔法の話し方】」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adbGHSvg

★───────────────
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
最速・簡単に解決する!

職場の問題に苦しむ人のための
脳科学・心理学マニュアル

■発行元
進藤拓磨

■WEBサイト
https://www.comurabo.com/

■進藤への質問、お問い合わせはこちらです
comurabo@gmail.com