【進藤清十郎】あなたにだけ、アタリが強い人への戦術

こんにちは

進藤清十郎です。

今日もメールを開いて

くださりありがとうございます。

さてさて、

あなたの職場には

あなたにだけ当たりが強い人はいませんか?

「進藤さん、どうしてわかるんですか?」

「います。レベルが低すぎて

相手にしないよう努力してますが

爆発寸前です……」

そんなあなたに

「自分にだけ当たりが

強い人の対策」をシェア

していきます。

◎なぜ、あなたにだけ

当たりが強いか?

いくつか理由が

考えられますが、

1つの理由として、

「自尊心を傷つける

ようなことをしたから」

があげられます。

たとえば、当たり人が

「~さんって嫌よね~」と

悪口を言ってきたとき

「そんなことないですよ」

「~さんいい人です」

と否定するような返しを

すると、

これだけで

「(自尊心が)傷ついたわ!」と

あなたに怒りを覚え、

あなただけに

当たりを強くしてきます。

当たり人からしたら、

あなたが悪人で

自分は正しいと

思っているので、

話し合っても無駄です。

◎関係の悪くなった

相手を陥落させる秘密

結論から

言いましょう。

当たり人のことを

第三者に誉めてください。

あること、ないこと

とにかくでっちあげても

構いません。

とにかく

「当たり人さん、素晴らしいのよ

~をしてくれてね」

などと誉めてください。

「進藤さん、どうして

ガキの当たり人を誉めないと

いけないのですか!」

と怒り心頭の方が

多いでしょう。

しかし、この場合の

「誉める」は罵声よりも

ひどい攻撃になります。

客観的に考えて

みましょう。

当たり人はあなたにだけ

当たりが強い、

あなたは当たり人を

めちゃくちゃ誉める、

そんな状態を作ったら

職場の人は当たり人を

少しずつ村八分に

していきます。

*理由は長くなるので

省略します。

また第三者効果が

働くので、

当たり人もあなたを

少しずつ好意を

持つようになってしまいます。

では

まとめです。

嫌な人を誉める、

ことについて、

抵抗を感じるのは当たり前です。

しかし、

誉めるのは、

砂糖を与えるようなもの。

与えすぎれば、

恐ろしい攻撃になります。

ですので、

職場の面倒な人間関係では

「誉める=攻撃」と

考えるべきなのです。

進藤清十郎