【進藤清十郎】不満ばかり言う人=解決可能です

こんにちは

進藤清十郎です。

突然ですが、わたしたちの職場には

「こんな仕事を押し付けやがって」
「~は仕事をわかってない」
「こんなに俺だけ頑張ってるに」

などと不平不満を漏らす
人いますよね?

あなたもそんな人とは
「一緒に働きたくない!」
と思っているのでは
ないでしょうか?

そこで今日の
メルマガ講義では

「不平不満ばかり言う人」
を黙らせる秘密を紹介します。

◎なぜ不満を言うか?

簡単に言うと……

「自分を認めてもらいたいから」

「進藤さん、やることやらない人を
認めたくないないです」

「人間として尊敬できないのに
認めるのは無理です……」

と思うでしょう。
わたしも同じように思います。

しかし、認めることで
不満がおさまるケースが
多いので、

うっとうしいのなら、
相手を表面的にでも、
認めた方が楽です。

我慢せず、
もっと環境を楽に
した方がいいのではないか、
とわたしは思います。

◎不満ニンゲンを黙らせる
「認める技術」

認める技術とは
相手の不満をねぎらうスキル
のことです。

具体的には、
相手が不満を言ったら、
「すばらしい!」と答えるだけです。

たとえば
「会社は俺の頑張りを
わかってねぇよ」と
年中さぼり、遅刻魔の人が
言ったとしましょう。

普通なら、
「そうですね~」と
呆れながら流すか、

「そういうのは
頑張っている人間が
言うものだ!」と怒るか、

無視するか、

この三択のいずれかを
選ぶでしょう。

しかし、この対応では
相手の「認められたい」欲求が
みたされないので、

その欲求が満たされるまで
不平不満をエンドレスで
垂れ流すことになります。

そこで、

「~さん、~をやってましたよね?
素晴らしいです」

と事実を伝えた後、
誉めましょう。

「進藤さん、誉めるところが
一個もありません……」

という声が聞こえて
きそうですが、

誉めるところは
クリエイトして
ください。

わたしは誉めるところを
クリエイトするのが
好きで、日々新たな褒め方を
生み出しています。

たとえば…

「~さんって和食で言うと、
ひじきクラスの安定感が
ありますよね?」

「~さんの存在はわたしに
とってマイナスイオンです。
潤いをありがとうございます」

「~さんって服のセンスが
壊滅的に素敵ですよね」

「眉の形がいいですね~
どこのサロンでカットして
るんですか?」

「~さんの資料は男らしくて
いいですね~
(細かいミスまみれの資料に対して)」

などと、いくらでも
褒めるところは
生み出せます。

誉めることを
もっともっと
クリエイティブに
楽しんでいきましょう!

そして
クリエイティブな表現は
相手の記憶に残りやすいので、

不満を言う嫌な人は
しだいに不満を言わなくなり、

あなたに絶大な信頼を
寄せるようになるでしょう。

進藤清十郎