ビジネスコミュニケーション専門のコンサルタントの目から『職場の人間関係』『ビジネスコミュニケーション』について、プロが話せない裏の事情の、さらに奥まで掘りさげてお話をします

【嫌な人とうまくやる裏技】不満ばかり言う人=解決可能です

こんにちは

進藤清十郎です。

 

突然ですが、わたしたちの職場には

「こんな仕事を押し付けやがって」
「~は仕事をわかってない」
「こんなに俺だけ頑張ってるに」

などと不平不満を漏らす
人いますよね?

あなたもそんな人とは
「一緒に働きたくない!」
と思っているのでは
ないでしょうか?

そこで今日の
メルマガ講義では

「不平不満ばかり言う人」
を黙らせる秘密を紹介します。

◎なぜ不満を言うか?

簡単に言うと……

「自分を認めてもらいたいから」

「進藤さん、やることやらない人を
認めたくないないです」

「人間として尊敬できないのに
認めるのは無理です……」

と思うでしょう。
わたしも同じように思います。

しかし、認めることで
不満がおさまるケースが
多いので、

うっとうしいのなら、
相手を表面的にでも、
認めた方が楽です。

我慢せず、
もっと環境を楽に
した方がいいのではないか、
とわたしは思います。

◎不満ニンゲンを黙らせる
「認める技術」

認める技術とは
相手の不満をねぎらうスキル
のことです。

具体的には、
相手が不満を言ったら、
「すばらしい!」と答えるだけです。

たとえば
「会社は俺の頑張りを
わかってねぇよ」と
年中さぼり、遅刻魔の人が
言ったとしましょう。

普通なら、
「そうですね~」と
呆れながら流すか、

「そういうのは
頑張っている人間が
言うものだ!」と怒るか、

無視するか、

この三択のいずれかを
選ぶでしょう。

しかし、この対応では
相手の「認められたい」欲求が
みたされないので、

その欲求が満たされるまで
不平不満をエンドレスで
垂れ流すことになります。

そこで、

「~さん、~をやってましたよね?
素晴らしいです」

と事実を伝えた後、
誉めましょう。

「進藤さん、誉めるところが
一個もありません……」

という声が聞こえて
きそうですが、

誉めるところは
クリエイトして
ください。

わたしは誉めるところを
クリエイトするのが
好きで、日々新たな褒め方を
生み出しています。

たとえば…

「~さんって和食で言うと、
ひじきクラスの安定感が
ありますよね?」

「~さんの存在はわたしに
とってマイナスイオンです。
潤いをありがとうございます」

「~さんって服のセンスが
壊滅的に素敵ですよね」

「眉の形がいいですね~
どこのサロンでカットして
るんですか?」

「~さんの資料は男らしくて
いいですね~
(細かいミスまみれの資料に対して)」

などと、いくらでも
褒めるところは
生み出せます。

誉めることを
もっともっと
クリエイティブに
楽しんでいきましょう!

そして
クリエイティブな表現は
相手の記憶に残りやすいので、

不満を言う嫌な人は
しだいに不満を言わなくなり、

あなたに絶大な信頼を
寄せるようになるでしょう。

 

進藤清十郎

★───────────────
職場のハラスメント、悪口、嫌がらせに対する
具体的な対策方法が知りたい方はこちらの
無料講座がおすすめです。

無料メール講座「職場で攻撃してくる人の非常識な対処方法」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adbGHSvg

★───────────────
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
最速・簡単に解決する!

職場の問題に苦しむ人のための
脳科学・心理学マニュアル

■発行元
進藤清十郎

■WEBサイト
https://www.comurabo.com/

■進藤への質問、お問い合わせはこちらです
comurabo@gmail.com

 


人間関係を本気で激変させるためには
コミュニケーションを磨くだけでは足りません。

人間関係を、すこし変えるだけであれば
コミュニケーションを少し変えれば、正直十分です。

しかし、それ以上を求めるのであれば
あなたの現在の状態に合った
「特別な知識・スキル」が求められます。

たとえば、もしあなたが内向的なタイプであれば
さんまさんのように、積極的にコミュニケーションをとるスタイルは
ストレスがとても溜まるため、抵抗が強く、マスターするのに

時間も労力もかかります。

さらに、負担がかかる技術であるため
継続できず、20万円を出し、4か月必死にトレーニングをしても、
1年後には「辞めた」というもったいないこともしている人もいます。

内向的なタイプであれば
積極的にコミュニケーションをとるよりも、
相手の話をよく聞くことが得意なタイプが多いので

「聞く」スタイルを強みにして
成約率を高めるセールスや人間関係の構築方法、
マネジメント、言葉の伝え方……を磨いていく。

さらに「聞くスタイル」にも色々とあります。
●表情の起伏があまりなく静かに「聞くスタイル」
●表情豊かに「聞くスタイル」
●明るい調子で「聞くスタイル」……

スーツのオーダーメイドは
巻き尺で測ればいいので、やりやすいのですが、

コミュニケーションのオーダーメイドは
困難で、できる人がほとんどいません。

しかし、あなたが「THE WORLD」を手に入れれば、
あなたの世界が特別なものになります。

「THE WORLD」に興味をお持ちでしたら
下の画像をクイックしてください。
「THE WORLD」の世界を一緒に見に行きましょう。


———————————————————————–
■お問い合わせ先
———————————————————————–

商品・サービスについてご不明点や知りたいことがあれば
お気軽に下のアドレスにご相談ください。
進藤が直接答えさせていただきます。

最新情報をチェックしよう!
>世界初…あなただけのオーダーメイド教材&「最短で革新的結果をうむ」徹底特別トレーニングの革新的プログラムとは?

世界初…あなただけのオーダーメイド教材&「最短で革新的結果をうむ」徹底特別トレーニングの革新的プログラムとは?

人間関係のスキル・コミュニケーション技術をオーダーメイドで、あなたに「必要な知識・スキル」をマスターするプログラム。プログラムの名前は「The World(ザ・ワールド)」あなただけの特別な世界を作る…という意味で「The World」と名づけました。

CTR IMG