【進藤清十郎】仕事ができない人に「イライラ」する問題をつぶす秘密

こんにちは

進藤清十郎です。

 

今日もメールを開いてくれて

ありがとうございます。

 

 

今日のメルマガ講義ですが、
イライラのコントロールを
お伝えします。

「仕事ができない人に
イライラしてストレスになる。
対策はないか?」

という意見を頂いたので、
それに答える形で、
進めていきます。

◎イライラする理由

職場で仕事ができない、
というのは、色々あります。

単純に作業が遅い
成果が出せない
無駄話が遅いので、仕事が遅れる
ミスが多く、やり直しに時間がかかる
……などなど

こうした振る舞いは
他の人の負担を
増やしてしまうので
(不快を与える)

仕事ができないと、
周りの人からイライラ
されて、嫌われてしまいます。

◎イライラへの対策(条件あり)

可能であれば、
仕事を切り分けることを
オススメします。

つまり、

「あなたはどんなに時間が
掛かってもいいので、

あなたの仕事はあなたが
終わらせてください。
わたしは手伝いません」

というスタンスです。

このスタンスであれば、
相手がどんなに仕事が
できなくても、

あなたに仕事の負担は
あまりのってこないので
イライラしなくなります。
(100%ではありませんが)

◎イライラの対策(楽な方法)

「進藤さん、会社は
チームワークだから
仕事を完全に切り分けるのは
無理です……」

と感じていると思います。

一番手っ取り早い方法は……

「あなたの価値観を変える」

ということです。

どういうことか、
と言いますと、

わたしたちがイライラするのは、
価値観が原因だからです。

つまり
「これくらいの基準が最低限」
という仕事の価値観を
あなたは持っているでしょう。

たとえば、
「~の資料の作成は1日で終わる」
という価値観を持っているなら、

もし他の人が資料の
作成に2日かかった場合、
「仕事ができない」という
判断をしてしまうのです。

そこで、
「人には人のペースがある。
そこに関与すべきではない」
という価値観を持つように
してみましょう。

イライラしたら、
「人には人のペースがある」
と自分を説得するのです。

心理学では、
このエクササイズを
リフレーミングといいます。

「進藤さん、ほんとにこれで
イライラしなくなるの?」

と疑問に思うのは当たり前です。

残念ながら、
いきなりこのエクササイズを
しても、効きません。

イライラする度に

「人には人のペースがある。
そこに関与すべきではない」

とリフレーミングをして
いくことで、ゆっくりと
イライラから解放されて
いくでしょう。

 

◎イライラの対策(手間かかる)

手間がかかる対策としては、
仕事ができない人を
トレーニングをすることです。

仕事ができないから
イライラするのなら、

仕事ができるように
トレーニングすれば
イライラは解決します。

「進藤さん、トレーニング
してるんですけど、全然
ダメなんです……」

と悩んでいる方は、
コーチングと心理学
(特に学習心理学)

この2つの分野を
学ぶと解決の糸口が
つかめるでしょう。

管理的な立場にいる人ほど、
特に学習心理学が
大切です。

なぜなら、
人が仕事ができるか否かは
次の2つが決めるからです。

仕事をどれだけ学べたか?
→学習心理学の「記憶」「学習」

学んだことをどれだけ行動に
移せたか?
→学習心理学の「モチベーション」「行動」

で決まってくるからです。

とはいえ、いきなり専門書は
ハードルが高いので、

心理学の入門書を
オススメします。
→心理学の基礎(培風館 四訂版)

https://amzn.to/2Uy1xxO 
(こちらは進藤のオススメです)

 

進藤清十郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です