ビジネスコミュニケーション専門のコンサルタントの目から『職場の人間関係』『ビジネスコミュニケーション』について、プロが話せない裏の事情の、さらに奥まで掘りさげてお話をします

【嫌な人とうまくやる裏技】嫌な人間に勝つ【心構え】とは?

こんにちは
進藤清十郎です。

さて

あなたは嫌いな人を避ける
タイプですか?

それとも嫌いでも
関わっていくタイプ
でしょうか?

「進藤さん、わたしは
嫌いな人を避けてしまいます」

という方が多いと
思います。

あなたも経験したことが
あるのではないか、と
察しますが、

「嫌いな人を避けると、
職場にいずらくなる」

というのも
嫌いな人は避ければ避けるほど
わたしたちに向かってきますし、

わたしたちが嫌いな人から
避けることで

周囲の人から悪いレッテルを
貼られることもあるからです。

ですので、
今日のメルマガ講義では

「嫌いな人を避けたい」
の対策をお話をしていきます。

◎なぜ嫌いな人を
避けるのか?

簡単に言うと、
わたしたちは不愉快な
ものから遠ざかる本能が
あるためです。

◎「嫌いな人を避けたい」を
解決する方法

それは……

「嫌いな人ほど、
話しかけること」

「進藤さん、嫌いな人を
避けたいのに、話しかける
なんて無理です!」

というあなたの声が
聞こえてきそうです。

心理学では
「態度変容」をテーマに
した研究が行われています。

態度変容とは
今回のメルマガ講義を
例にすると、

「嫌いな人は避ける」
→「嫌いな人に自ら接する」

このような価値観の変化を
態度変容と言います。

◎態度変容を起こすには?

行動です。

行動を変えると
価値観が変わります。

ですから
嫌いな人ほど
話しかけるようにしましょう。

わたしも嫌いな人には
ゴキブリを発見したような
表情で話しかけるように
していますが、

全く話さないより、
関係は良好になりました。

話す内容はちょっとした
世間話くらいで
いいのです。

「髪切りました?」
「その時計すてきですね」

などと話を切り出して、
数十秒だけ話をする
ようにしましょう。

最初は「嫌だ」「できない」
と抵抗がありますが、

3回もやれば、
抵抗も薄れてきます。

「進藤さん、わたしは
それでも話したくないです……」

「話しかける勇気がありません」

という気持ちが
あると思います。

しかし、わたしたちの
望む平穏を手に入れるためには

話したくなくても、
話さなければいけない
こともあるのです。

進藤清十郎

★───────────────
職場のハラスメント、悪口、嫌がらせに対する
具体的な対策方法が知りたい方はこちらの
無料講座がおすすめです。

無料メール講座「職場で攻撃してくる人の非常識な対処方法」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adbGHSvg

★───────────────
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
最速・簡単に解決する!

職場の問題に苦しむ人のための
脳科学・心理学マニュアル

■発行元
進藤清十郎

■WEBサイト
https://www.comurabo.com/

■進藤への質問、お問い合わせはこちらです
comurabo@gmail.com


あなたが「4週間で革新的に成長する」ための
ビジネスコミュニケーション上の課題を
プロ目線でご提案させていただきます。

さらに、あなたの課題を解決するための
具体的な方法、習得するための方法などを
アドバイスさせていただきます。

※個別相談会ではあくまであなたの課題を解決するための
 ご提案しかしないため、不要だと判断すれば、
 コミュニケーションプロのコースは一切提案いたしません。
 場合によってはお申込みをされても断ることもございます。
 ご理解をお願いいたします。

今すぐ個別相談会に申し込む
———————————————————————–
■お問い合わせ先
———————————————————————–

商品・サービスについてご不明点や知りたいことがあれば
お気軽にメールにてご相談ください。

最新情報をチェックしよう!
>劇的な変化をうむ「●●言葉の秘密」とは?

劇的な変化をうむ「●●言葉の秘密」とは?

「よいアイデアのはずなのに提案が取らない……」「何を言っているかわからないと言われる……」うまく言葉が伝わらないのは「●●言葉」を使っているから。「●●の言葉」を使うことで、提案がローションのようにスルスル通り、報連相を含む、他者とのやりとりが夫婦漫才クラスにレベルUP‼ あなたのビジネスを激変する「●●言葉の伝え方」……無料メルマガ講座にて絶賛公開中 !  お気軽にためして、お気楽に今を「NEW」に変えよう!

CTR IMG