【進藤清十郎】「誠意が伝わってこないんだよ!」と言われたときはコレ

こんにちは

進藤清十郎です。

今日もメールを開いてくれて

ありがとうございます。

今日のテーマですが

ずばり「謝罪」についてです。

わたしのような無表情な人間の場合、

謝罪をすると、

「誠意が感じられない!」

「もっと反省してください!」

と怒られることが多いです。

そこで今回は、あなたにわたしのような

失敗をしてほしくないため、

「誠意がなくても、誠意があるように

思われる謝罪方法」をお伝えします。

◎なぜ、誠意が伝わらないか?

わたしたちは相手の表情から、

気持ちを汲み取ります。

無表情の場合は、

相手は気持ちがくみ取れません。

ですので、

「誠意が感じられない」という

判断をしてしまうのです。

◎声でごまかす

表情を作るのがうまければ

「今にも死にそうな」顔で

「申し訳ございません」と

深く頭を下げれば、

気持ちが伝わります。

しかし、表情を作るのが

わたしのように下手な人の場合は、

声で「誠意」を作るしかありません。

普段の2倍以上の声で

謝罪をしてみましょう。

「うるせい!」と言われたら、

「これがわたしの気持ちです!」

とさらに怒鳴るくらいの気持ちの方が

あろうがなかろうが

「誠意」は伝わります。

◎ごまかすのではなく、

「誠意」が伝わるようにしたいんです…

という人もいるでしょう。

しかし、わたしたちは内容ではなく、

声の調子や表情から、

物事を判断します。

メラビアンの法則によると、

話し手が聞き手に与える影響力は

言語情報、聴覚情報、視覚情報に

分けられます。

驚くべきは

比率です。

言語情報、つまり話す内容は

7%、

聴覚情報(声の調子やテンポ)

は38%、

視覚情報は55%。

つまり

話す内容よりも、

話し手の声や表情の方が

ずっと大事である、

ということです。

ですから、

「誠意」が伝わるようにするためには、

内容よりも

申し訳なさそうな声と表情で、

普段よりも大きなトーンで

謝罪をしましょう。

また姿勢正しい礼も

合わせると効果が上がります。

「進藤さん、そんな茶番みたいなこと

したくないですよ」

と思う方もいるでしょう。

しかし、人間は声や表情からの

情報を頭で処理をする仕組みがあるので、

茶番をしなければ

相手に気持ちが伝わらないこともあるのです。

茶番も時には必要です。

進藤清十郎