【進藤清十郎】お局様は無視せず、●●せよ

こんにちは
進藤清十郎です。

今日もメールを開いてくれて
ありがとうございます。

さて、あなたの職場には
面倒なお局様はいますか?

気が強く、悪口や愚痴の
オンパレード、

挨拶をしても無視されたり、
子供じたふるまいをして、
困ってしまいますよね?

今日のメルマガ講義では、
面倒なお局様の対応に
ついて話していきます。

◎なぜお局様は暴虐の
限りを尽くすか?

様々な原因が
からんでいますが、

1つには
「認められたい」欲求が
満たされていないことが
原因です。

◎お局様を味方にする

お局様を敵に回すより、
味方にした方が、
社内政治としては得策です。

お局様は信じられないような
パイプを持っていたり、

パワーがあるので、
敵にすれば厄介な相手ですが、

味方に引き込めれば、
楽です。

「進藤さん、お局様は嫌いなので
関わりたくないんです……」

という気持ちもあるでしょう。

わたしも同じ気持ちを
持っていますが、

職場には面倒な人や
厄介な上司がはびこっています。

そのときお局様が味方に
なっているだけで、

勝手にあなたに危害を加える
人に攻撃するようになるので、

職場で働くのが
楽になります。

*ただし、うまく立ち回らないと、
お局様と同じように職場の人から
見られてしまいます。

◎お局様への対応

お局様を誉めましょう。

「認められたい」

というお局様の欲求を
満たすのです。

たとえば全身シャネルな
お局様なら、

「シャネル素敵ですね」
「~って中々手に入らない
のに持ってるなんてすごいです!」

と誉めましょう。

「進藤さん、どうして嫌いな人を
誉めないといけないんですか?
嫌なんですけど……」

という気持ちがあるでしょう。

嫌いな人は避けるのが
当たり前です。

世の中の人は
「気にするな
「無視しろ」
と言いますが、

この対応は逆にあなたへの
攻撃を増やしてしまいます。

逆に誉める。

誉めて誉めて誉めまくる。

これ以上、誉められることは
人生で一度もないくらい、

徹底的に誉めて
ください。

お局様は
「こんなにわたしを
認めてくれる人はいない!」
と感動します。

お局様はあなたに
依存するようになり、

強力な後ろ盾になる
ことでしょう。

この方法は宗教の教祖が
信者を自分に依存させる
ときに用いるテクニック
なので、

あまり悪用は慎んで
ください。

あくまで自衛のために
お使いください。

進藤清十郎