【進藤清十郎】クラッシャー上司へのやさしい対策法

こんにちは進藤清十郎です。

今日のテーマは

「クラッシャー上司」についてです。

クラッシャー上司、
という言葉を聞いたことが
あると思います。

クラッシャー上司とは
部下を潰してしまう
会社のガンのことです。

あなたに精神的な被害を
与えるだけでなく、

うつ病や心疾患などの
病気のリスクを高め、

最悪働けない状態に
させられます。

人手不足にも関わらず、
会社から人をどんどん
退職や休職に追いやり、

パワハラで訴訟になれば
企業イメージが下がり株価は暴落、
最悪、企業はつぶれてしまいます。

今日の授業では
「クラッシャー上司への
優しい対策」をテーマにします。

では今から
授業を始めます。

◎クラッシャー上司は
なぜクラッシュするか?

いくつか理由がありますが、
今日の授業では……

「セルフイメージ」
をテーマに話していきます。

セルフイメージとは
「俺は~だ」という
自分への印象です。

たとえば取引先の方が
いる前で、

大声で部下を叱責する
クラッシャー上司が
いたとします。

一般常識からすれば、
取引先の、つまり外部の方が
いらっしゃっているので

大声で部下を叱責するのは
アウトです。

上司が怒っている姿を
見せられるのは不愉快ですし、
取引先の方々の貴重な時間を
奪っています。
企業のイメージも悪くなります。

しかし
クラッシャー上司の中では、
「俺は正しい!」と
思い込んでいるのです。

なぜか?

人はセルフイメージ
の通りに行動する
からです。

クラッシャー上司の
セルフイメージでは

「上司の俺=部下を厳しく教育する」
イメージで凝り固まっているので、

そのイメージに従い、
自動で部下を叱って
しまうのです。

◎クラッシャー上司への
優しい対策

クラッシャー上司の
「セルフイメージ」を
ゆっくりと曲げましょう。

たとえば
あなたが新入社員で
初めての飲み会に参加
したとします。

クラッシャー上司が
「テメー!なんで、
上司に酒をつがねぇんだよ!
気が利かねぇな!」

などとあなたをクラッシュ
してきたとしましょう。

「今すぐつぎます!
~上司、こんなに親切な指導を
していただきありがとうございます!」 

と感謝をします。

あとは感謝の手紙を書いたり、
上司にされたことを
「わたしのことを想ってしてくれた
すばらしい上司」と職場に
クチコミを流します。

つまり
普通の人がやらないレベルで
「圧倒的感謝」を伝えまくる
わけです。

早ければ1週間で
おもしろいほど

クラッシャー上司の
態度が変わるでしょう。

進藤清十郎