【進藤清十郎】陰口・あら探しモンスター

あなたの職場には
人のあら探しや陰口を
言う人はいますか?

「~さんって空気
読めないわよね?」
などと同意を求められたり、

自分がいないところで
悪口を言われているんだろう、
などと考えると、

職場で働くのが
ゆううつになりますよね?

そこで今日は
「あら探し・陰口モンスター」
の対策法についてお話をします。

では授業を始めましょう。

◎あら探し・陰口を言うのは
なぜ?

いくつか理由がありますが、
今回は「自己評価」という
ものにしぼってお話をします。

人は自分に価値がある、
ことを確認したい欲が
あります。

簡単に自分の価値を
確かめる方法として、

人を批判するのは
一番てっとり早いので、

あら探しや陰口を叩く人が
世の中には多いのです。

◎あら探し・陰口モンスター
の対策

第三者の声で
誉めましょう。

「進藤さん、
意味がわかりません」

という声が聞こえてきそう
です。

つまり……

あなたに
「~さんって空気
読めないわよね?」
などと陰口を叩いてきたら、

「~さんがあなたのことを
~といって誉めてましたよ」

と言うということです。

これだけで
あら探し・陰口が
収まります。

「嘘ですよね?」
と思う方は多いでしょう。

◎なぜ、効果があるか?

理由は2点あります。

まず誉めることで
「自分に価値がある」
と確認できるので、

悪口を言う必要が
なくなるからです。

2点目は、人には
返報性という
仕組みがあるからです。

返報性とは受けた恩は
同程度返さなくては
いけないルールです。

つまり
誉めには誉めが
返ってくるように
なります。

◎まずは小さな一歩から

職場の人が
あら探しや陰口を言ってきたら、

「~さんが~って
誉めてましたよ」
と返しましょう。

*これは無理やり
「陰口さんって~のところ
いいよね?」と陰口を
叩かれてしまう人に話をふり、
「……うん」という言質を
事前にとっておきましょう。

一度では中々解決しませんが
テニスのラリーのように
淡々と返していけば、

いずれ相手は
コートに倒れます。