【進藤清十郎】苦手な人と気持ちよく働く秘密

こんにちは
進藤清十郎です。

あなたの職場には
ひとりは「苦手」と
感じる人がいますか?

「そこまで嫌な人では
ないけど苦手」

「相手にもわたしが苦手な
ことが伝わるのか、ギクシャク
してしまいます」

とお悩みの方に、今日は
「苦手な人と気持ちよく働く」
ことをテーマにお話をします。

では授業を始めましょう。

◎なぜ苦手な人と
気持ちよく働けないか?

結論から言いますと、
価値観が違うからです。

たとえば
正確さよりもスピードを
優先して働くAさんと、

スピードより正確さを
優先して働くBさんが
一緒に働くことになった場合

二人とも気持ちよく
働くことは難しいです。

なぜなら
人は自分の価値観を
快適に感じるからです。

Aさんは「スピード重視」
という価値観があります。

したがって
スピーディーに働くことが
「心地よい」ので、

正確さを大事にするあまり
スピーディーではない
Bさんにイライラしてしまう
のです。

逆にBさんもAさんに
イライラしてしまうのです。

◎苦手な人と気持ちよく
働くコツ

ここまで読んでくださった
あなたなら、

苦手な人と
気持ちよく働くコツを
わかっているはずです。

そう、答えは……

「相手の価値観に
歩み寄る」

あなたの職場の苦手な人
の価値観に歩み寄れば、

相手も譲歩して
あなたの価値観に近づいて
きてくれます。

なので
まず職場の苦手な人の
価値観を探してみましょう。

価値観を探す
ヒントとしては……

スピードと正確さ、
どちらを優先しているか?

仕事とプライベート
どちらを大事にしているか?

成果主義か?
プロセス主義か?

密なコミュニケーションを
大事にする方か?

価値観をなんとなく
でいいので特定したら、

少しだけ寄り添い
ましょう。

たとえば
あなたが正確さを大事
にしていて、

苦手な人が
スピード重視なら、

「わたしの仕事は
~さんと比べて遅いので、
もっとスピーディーに
働きますね」

と苦手な人に直接言い
ましょう。

あとはあなたが無理ない
程度にスピーディーに
働く努力と、それをアピール
していけば、

苦手な人と働くのが
気持ちよくなって
いくでしょう。