【進藤清十郎】ヒューマンプログラミングの実話

―――――――――――――――――――――――――――
●なぜ、このプログラムは同じ言葉を、同じやり方で、ある言葉を言うだけで
失神するような悪口、嫌がらせ、ハラスメントを消してしまうのか?

●パワハラ、職場いじめに遭っていた「私には何もできない」と泣いていた女性が
1週間でパワハラ上司と談笑し、同僚に「●●さんありがとう」と感謝される
ようになった秘密とは?

このプログラムはコミュニケーションを使い、相手のプログラムに
変更を加える内容です。
「こみかみに銃口を当てて撃つ」ように本質的で、根本的な解決策を
得たい方は、こちらの無料講座でお試しください。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMgaXzsg

―――――――――――――――――――――――――――

こんにちは
進藤清十郎です。

メール講座3日目です。
先日のメールの続きです。

今からヒューマンプログラミング、
についてお話します。

これはわたしの人生観を
180度変えてしまった話になります。、

ヒューマンプログラミングの世界を
わたしに教えてくれたのは
Mr.0です。

◎Mr.0の正体

Mr.0はわたしの師匠であり、静かな超内向型人間です。
コミュニケーションスキルは一切ありません。

なぜなら、表情も無表情。
話のネタも「心理学」「現代哲学」「脳神経科学」など学術的なものが多く、
ほとんどの人が共感できません。
それにMr.0は大の人間嫌いでもあります。

「こんな人間が職場でうまくやっていけるはずがない」                    
とあなたは思うでしょう。

わたしもそうでした。
しかし、逆なのです。                                      

Mr.0ほど人から異常なほど好かれます。
Mr.0以上に「この人のために何でもやってあげたい」
と多くの人に思わせる人間はいないのではないか、と思うほどです。

たとえば……
                          
会合に参加するとMr.0を「普通の人間じゃない」と判断し取り立ててしまう
サービス残業をしてまで、周りの人がMr.0のために働く
「Mr.0だけは信用できる」と上司からパートさんまで、Mr.0を崇拝する
Mr.0を叩く人間はその集団や組織からいなくなる        
日本でトップの成績を、自分ではほとんど手を出さず達成する

そこで、藁にも縋る気持ちでMr.0に相談しました。

今からMr.0とした会話を少しだけここで紹介します。
ただしMr.0の話はかなり次元が高いので、やさしく翻訳したものをお届けします。

◎Mr.0のストーリー

Mr.0「人間はもともと集団主義だ。
人と違うというだけで、集団や組織から排除される。
なぜか? 組織に合わない人間を追い出すことで集団を維持しようとするからだ。

たとえば、シマウマの群れを想像してみろ。
けがや病気でまともに歩けないシマウマは格好の餌食になる。
集団を危険にさらさないために、そうした「組織を危険にさらす」シマウマは
排除される。

人間もシマウマと同じで、集団に合わない人間は
排除される。

だから俺のような変人は、ふつうにしていると排除される。
だから危害を加えられないように
相手のプログラムを書きかえないといけない」

わたしがとまどっていると、Mr.0は話を続けます。
Mr.0「パワハラやいじめをさせないために、大事なのはなんだと思う?」
清十郎「立場が上の人間に相談することだと思います」
Mr.0「それは本質的な答えではない。パワハラをとめるのに大事なのは●●だ」
清十郎「●●? そんなこと考えたことなかったです」
Mr.0「●●して、次に●●をすると、パワハラはすぐになくなる」

◎パワハラ店長にプログラミングを試した結果

うまくいくか不安になりながら、パワハラ店長に試してみると、
信じられないくらいことが起こりました。

清十郎「店長って●●ですよね?」
店長「は?」

パワハラ店長の反応は最初「何を言っているんだ、こいつ」みたいな敵意むき出しだったのです。
「今からいつも通り、顔を真っ赤にして、2時間以上は説教される…」と暗い気持ちになりました。
やはりMr.0が言うように、うまくいくはずがない…。

店長「そうなんだよ。●●だよな!」

その後は信じられないほど、ニコニコとしていて
「進藤、お前変わったな」
「お前には優しくしてやるからな」
と180度対応が変わってしまったのです。

わたしはといえば、店長を見ても「怒られない」という確信が出てきて、
職場でビクビクすることはほとんどなくなりました。

いつも監視されているようでずっと緊張していたのもなくなり、
職場で働くのが楽になりました。

最終的には、その店長は退職してしまいました。
「そんなことあるだろうか!」とわたしは驚きました。

1年6か月もずっと苦しめられていて「わたしは何もできない……」と悩んでいたのに、
どうしてこんなに簡単にパワハラがなくなったのだろうか?

Mr.0から教えてもらったマニュアルを
1か月も経たない内にです。

これは偶然なのか、と正直わたしは疑っていました。
あなたもそうだと思います。
「そんなにうまくいくはずがない」と思うのが当然です。

わたしはこのプログラムを他の人に試そうと考え、
仕事ができないわたしを毛嫌いし、罵倒してくるディレクトリマネージャー(仮の役職です)に試してみることにしました。

その人も「この会社は嫌いだ」になってしまい、クリスマスが終わると退職をしてしまったのです(3カ月くらいです)。
また無視する、遅刻・欠勤は当たり前の先輩上司がいました。仕事はそつなくこなしていましたが、
その方もプログラムを試すと「この会社は働きずらい」と辞めていきました(1年後です)。

◎なぜ、ヒューマンプログラミングが
効果があるのか?

「なぜ、このプログラムを試しただけで、嫌な人が辞めていくんだろう?」
あなたも当時のわたしと同じ疑問を持っていると思います。

1日目のメールで話しましたが、
人間の本質である『プログラム』
は強力すぎるからです。

そう
わたしたちはプログラムの奴隷です。

ヒューマンプログラミングは
人間のプログラムに直接「変更」を
加えるスキルなので、効果が出てしまうのです。

また、
●ゲスに強い恐怖を感じる
●ゲスに言い返せない、やり返せない
●権力に弱い
●問題解決に繋がる行動を取れない
●仕事でミスばかりする
●精神的に弱く、すぐ落ち込む
●素の自分で対人関係を結べない
●気持ちを入れ換えることができない

こうした悩みは
全てこうした問題を解決する……

『わたしにプログラムがないだけ』

あなたも同じです。

職場の心理学は
あなたが地獄を味わっている
原因である

足りないプログラムを
埋めるだけではなく、

さらにプラスアルファとして
一般人が死ぬまで持つことがない
究極のプログラムを手に入れることができます。

あなたもわたしと同じ、
いやそれ以上に辛い
想いをしていると思います。

今、わたしは10年前の自分では
考えられないほど
毎日を平穏に生きています。

職場の人間関係は穏やかで、
わたしを痛めつける存在は
ひとりもいません。

そういう人がいても、
わたしに危害を加えないように
プログラムを変更できますし、

職場からいなくなることすら
あるからです。

以前は職場で気を使っているのに
利用されるばかりでした。

素の自分ではなく、
自分を偽っていたので、
毎日苦しんでいましたが、

今は職場では
気を使わなくなり

素の自分を出しても
周りの人から好意的に
受け入れられるので

全くと言っていいほど
疲れなくなりました。

そのため、昔では考えられない
ことですが、

毎日を平穏に楽しむことできるように
なったのです。

最近はティータイムに
はまっていまして、

自宅でコーヒーをいれて
アロマを楽しみながら
リラックスしたり、

お気に入りのレトロな喫茶店に
行き、小粋なジャズを聴きながら
美味しいコーヒーを飲み、
好きな本を読んでいます。

わたしはあなたに
そんな人として当たり前の
おだやかな毎日を手にいれて
欲しいのです。

あなたをこれっぽちも
大切に想っていないばかりか、

人間の尊厳を踏みにじる
ゲスのような人に、

どうしてあなたが苦しまないと
いけないのか?

わたしには理解できません。

つらすぎる
職場の人間関係の問題を
クリアするためには、

強力で本質的な
メソッドが必要です。

わたしはゲスによって
長く辛い想いをする
だけではなく、

うつ病、
自律神経失調症を
患いました。

今でも苦しめられる
ことがあります。

あなたは手遅れになる
前に、

辛い地獄を
あなたの手で
終わらせていきましょう。

またメールを送りますね。
では、また次のメールで
お逢いましょう。