【職場 人間関係】これからの会社人生、我慢するのはやめよう!

こんにちは
職場の【嫌な人】の問題
解決トレーナーの
進藤清十郎です。

突然ですが、
あなたは職場の人に
好かれる努力をしていますか?

たとえば
聞きたくもない話を
親身に聞いたり、

聞きたくもない悪口を
聞かされても
我慢したり、

話したくもない人と
我慢してつまらない話をしたり……

こうした努力は
すばらしいのですが、

我慢するあまり
ストレスがたまってしまいます。

それに職場の人に
ほとんど感謝されません。

人は慣れる生き物です。
あなたにとって大変な我慢が

相手にとっては
蛇口をひねって水が出るように
「当たり前」と思われるだけ
です。

あなたは、
身勝手な人間に
「不正搾取」されて
きたのです!

わたしはあなたに
「利用されるのはやめましょう」
と言いたいのですが、

「進藤さん、円滑な人間関係を
維持するのは我慢が必要です」

と反論が返ってくると
思います。

ただ、我慢せずに
円滑な人間関係を維持する
方法があるとしたらどうでしょうか?

今日は
「我慢せず人間関係を維持する
秘密を紹介します」

◎我慢せず、
人間関係を維持する秘密

それは……

「あなたの思っていることを
素直に言う」

「進藤さん、馬鹿な上司に
馬鹿って言えって言うんですか?」

と考えている人は
多いでしょう。

馬鹿に馬鹿と
どストレートに言うのは
ダメですが、

オブラートに
包めばオッケーです。

そう、
我慢せず、人間関係を
維持する秘密とは、

「思っていることを
オブラートに包んで
届ける」ということです。

◎オブラートの包み方

たとえば、
職場のおつぼねさんに
悪口を言われて、

ずっと我慢している
ような状況にあなたが
置かれているとします。

おつぼねさんが
すっとやってきて、

「あなたは仕事が遅い!」
などと悪口を言われたら、

本音としては、
「うるさい!」だと
思います。

ただ「うるさい!」と
言うと、100%角か立つので
オブラートに包みましょう。

オブラートの包み方は
バリエーションがあるのですが、

今回は「誉める」オブラートを
使っていきます。

「おつぼねさんが早いんです。
いつも尊敬してます」

と謝罪せず、
答えましょう。

これは言葉を
オブラートに包んだ
返し方です。

また
おつぼねさん全体を
包む方法もあります。

「いつもおしとやかで
ヤマトナデシコなおつぼねさん、
素敵です」

とおつぼねさんを優しい
オブラートで包んでしまうのも
良い手です。

言葉を包むか、
相手全体を包むか、は
あなたのお好みです。

◎なぜオブラートが
効くか?

わたしたちは
先行する刺激に
影響を受けます。

なので「誉める」という
オブラートを
先に使うことで、

相手は強制的に
「嬉しくなる」ので、

あなたが我慢せずに
欲しい結果を手にいれる
ことができるのです。

*信じられない人は
実際に悪口を言われたら
徹底的に相手を誉めてみると
いいでしょう。