ビジネスコミュニケーション専門のコンサルタントの目から『職場の人間関係』『ビジネスコミュニケーション』について、プロが話せない裏の事情の、さらに奥まで掘りさげてお話をします

なぜ、上層部に気に入られていて、何でもありの課長のスメハラを30日間で終わらせることができたのか?

「直属の上司からパワハラを受けており、人事部に相談したが解決しなかった」
「人事部やパワハラ相談の窓口に相談したが、逆にエスカレートした」
「わたしの会社には相談窓口すらなく、我慢するしかありません…」

と悩んでいませんか?

ぼく自身もパワハラに悩んでいた経験があります。
ぼくは「人事部に相談できない……」と悩んでいましたが
3か月後に限界になり、相談しました。

しかし、「厳しい店長でよかったね、これで成長できるよ!」
と返され、まったく動いてもらえませんでした。

信頼できる上司に相談しても
「俺の若い頃はもっとひどかったよ」
と武勇伝を聞かされるだけ。

そのときにぼくが取ったある方法で、
パワハラ上司の攻撃がほとんどなくなり
楽に働けるようになりました。
嘘みたいですが、事実です。

この記事では、
相談せずに、コミュニケーションだけで
パワハラを解決した事例を解説していきます。

 
進藤
解説するのは「特殊なコミュニケーション」講師の進藤です。
2017年からまぐまぐ!で「仕事の嫌な人に苦しめられない人の対応方法」のメルマガを配信、
人間関係で苦しむ人の相談・カウンセリング、プログラムの作成・販売をしています。
わたしがあなたにお届けするのは、「The Killer
脳のしくみを悪用した ” 殺傷性がある人間関係の解決方法 ”です。
ぜひ、「The Killer」を体験してください。

相談せずに、パワハラを解決したクライアントさんの声

ぼく自身の具体的な解決事例は
この記事で紹介しているので
https://www.comurabo.com/profile/

このページでは、クライアントの田中さん(匿名性を守るため、仮名です)
の事例を紹介します。

パワハラの悩み

「数年前から、直属の上司から『臭う』『辞めた方がいい』
と悪口を言われ続け、もう限界です。
上司は「パワハラ」にならないような言い回しを使うので、
パワハラ認定されず、泣き寝入りをする状態です。
このような理不尽なふるまいは解決できますか?転職することも検討しています」

 

と、いう相談を受けました。

あなたが
田中さんと
同じ立場に置かれた場合、
どのような対策をしますか?

田中さんは
数年間も我慢するしか
ありませんでした。

ぼくも1年半もの間
パワハラに対して何もできなかった経験があるので
よく気持ちがわかります。

パワハラ上司は会社から評価されている
ことが多く、

立場が低い側が相談しても
動いてもらえないことが多いのです。

さらに、相談することで
もっとエスカレートするのではないか?
もっと働きにくくされるのではないか?
と考えると、泣き寝入りするしかない……
と考えるようになってしまうのです。

我慢する以外に、パワハラを解決する方法とは?

結論から言いましょう。

上司の田中さんのの
イメージを変えること。

 
進藤
「進藤さん……意味が分かりません。
 どういう意味ですか?」

とあなたは思っているでしょう。

これめちゃくちゃ大事なことなので
コレだけ覚えていってください!

 
進藤
進藤のワンポイント心理学
気持ちと行動は「イメージ」から生まれます
たとえばサザエさんのマスオさんと、バキの花山薫と
肩がぶつかったとしましょう。
マスオさんにぶつかっても焦らず、「すみません」と
あやまって終わりですよね?
しかし、顔面凶器の花山なら、「殺される…」と恐怖にのみこまれ
何度もコンクリートに頭をぶつけて、謝り続けるでしょう。

このように
わたしたちの気持ちや行動は
イメージが決めているのです。

上司のイメージを変える具体的な方法とは?

では、このイメージを変える方法を
解説していきます。

ぼくが田中さんにアドバイスしたのは
これだけです。

 
進藤
「田中さん。そのクソ上司が
 喜ぶことをしましょう!

 

たとえば……

●進んで良いお茶を淹れる。
●上司が読書が好きなので、
 好きな本を聞いて実際に読んで感想を伝える。
●上司の所持品を誉める。
●仕事を手伝う。
●上司の良い噂を流す。

田中さんは悔しい想いを
しながら、

上司に良いことを
30日も続けました。

これはすごいことです。
嫌な人に良いことが
できる人はいないからです。

そして、田中さんの
努力は実を結び、

クソ上司が田中さんに
悪口を言わなくなった、
と嬉しい報告をして
くれました

なぜ、イメージを変えるとパワハラがなくなったのか?

田中さんの話を聞くと
上司がパワハラをする相手には傾向がありました。

それは……
上司を毛嫌いしている人

パワハラをするような人を
好きになる人はいませんよね。

しかし、表面的には
パワハラ上司にすりよる
コバンザメのような人も職場にはいます。

コバンザメタイプの社員は
優遇され、

ちゃんと仕事をしていても
上司を嫌っていれば冷遇される……

それならば、
最高のコバンザメになってみようじゃないか!
という逆転の発想です。

パワハラ上司の中で
田中さんは「俺のことを嫌いなやつ」というイメージでした。

しかし、田中さんの考えた「好まれる行動」
をすることで、

Before 田中さん=俺のこと嫌い
After    田中さん=俺のことを好き

とイメージが変わり、
パワハラのターゲットから
外れることができたのです。

まとめ

パワハラを解決するには
まず「相談」が手っ取り早い解決方法です。

相談をして、
相手に態度を変えるように求める。
もしくは部署異動をするか、
休職するか……

選択肢がたくさんありますが
まずは相談するほうがよいでしょう。

それでも相談しても解決しなかった場合、
相談できない、相談するところがない……場合は、

今回紹介した
「イメージを変える」対策方法をやってみてください

あなたの今、いる
場所が暗い荒野の
ようだとすると、

暗闇の荒野に
希望を灯すのは
他の誰でもなく、
あなただけです。

逃げたしたくなる
ことから逃げず、
(時に逃げることも必要ですが)
立ち向かうことが
希望を開くのです。進藤


人間関係を本気で激変させるためには
コミュニケーションを磨くだけでは足りません。

人間関係を、すこし変えるだけであれば
コミュニケーションを少し変えれば、正直十分です。

しかし、それ以上を求めるのであれば
あなたの現在の状態に合った
「特別な知識・スキル」が求められます。

たとえば、もしあなたが内向的なタイプであれば
さんまさんのように、積極的にコミュニケーションをとるスタイルは
ストレスがとても溜まるため、抵抗が強く、マスターするのに

時間も労力もかかります。

さらに、負担がかかる技術であるため
継続できず、20万円を出し、4か月必死にトレーニングをしても、
1年後には「辞めた」というもったいないこともしている人もいます。

内向的なタイプであれば
積極的にコミュニケーションをとるよりも、
相手の話をよく聞くことが得意なタイプが多いので

「聞く」スタイルを強みにして
成約率を高めるセールスや人間関係の構築方法、
マネジメント、言葉の伝え方……を磨いていく。

さらに「聞くスタイル」にも色々とあります。
●表情の起伏があまりなく静かに「聞くスタイル」
●表情豊かに「聞くスタイル」
●明るい調子で「聞くスタイル」……

スーツのオーダーメイドは
巻き尺で測ればいいので、やりやすいのですが、

コミュニケーションのオーダーメイドは
困難で、できる人がほとんどいません。

しかし、あなたが「THE WORLD」を手に入れれば、
あなたの世界が特別なものになります。

「THE WORLD」に興味をお持ちでしたら
下の画像をクイックしてください。
「THE WORLD」の世界を一緒に見に行きましょう。


———————————————————————–
■お問い合わせ先
———————————————————————–

商品・サービスについてご不明点や知りたいことがあれば
お気軽に下のアドレスにご相談ください。
進藤が直接答えさせていただきます。

最新情報をチェックしよう!
>世界初…あなただけのオーダーメイド教材&「最短で革新的結果をうむ」徹底特別トレーニングの革新的プログラムとは?

世界初…あなただけのオーダーメイド教材&「最短で革新的結果をうむ」徹底特別トレーニングの革新的プログラムとは?

人間関係のスキル・コミュニケーション技術をオーダーメイドで、あなたに「必要な知識・スキル」をマスターするプログラム。プログラムの名前は「The World(ザ・ワールド)」あなただけの特別な世界を作る…という意味で「The World」と名づけました。

CTR IMG