なぜあの人は自慢話や愚痴を言ってくるのか? 職場のストレスで限界な人の対策方法を教えます!

こんにちはコミュラボの

進藤清十郎(しんどうせいじゅうろう)です。

さて、職場に限らず、
自分の自慢話や愚痴を
言ってくる人がいますよね?

わたしたちは
人の自慢話を聞いても
楽しくないですし、

愚痴を言われても
「嫌だな」という
気持ちになるだけです。

そこで今回は
職場だけでなく、

プライベートでも使える
自慢話、愚痴への対処法を
紹介します。

■話をそらせ

相手との人間関係が
悪化しても構わないなら、
話をそらしましょう。

たとえば
「俺はイケメンだから
昨日逆ナンされたんだよ」
と自慢してきたら、

「イケメンといえば
ラーメンつけめんの人、
最近見ないわよね~」

と露骨に話を
そらすのです。

もし、
「話を反らすな」
と言われたら、

「もしわたしがモテるって
話されて楽しい?
楽しくないよね。
わたしは自慢話を聞かされて
うんざりしてる」

と直接言ってしまいましょう。

自慢話や愚痴は
話を聞いてしまうと、
あなたはゴミ箱に
されてしまいます。

つまり、
自慢話や愚痴というゴミを
エンドレスに捨てられ続ける
はめになってしまいます。

■相手との人間関係が気になります……

とお悩みの方は、

その自慢話や愚痴を
職場の人に話しましょう。

たとえば
「逆ナンされた」という
自慢話をされたら、

「部長!~さんが逆ナンされた
んですって!すごいですよね!」

とその自慢話を他の人に
話すようにしましょう。

「何で話すんだよ!?」
と言われたら、

「すごいことなので、
みんなでシェアしたいと
思いましてね」

と笑顔で答えましょう。

良いことを噂している
だけなので、

当人も強く「やめろ!」
とは言いずらいですし、

周りからは
「そんな自慢話(もしくは愚痴)
をされて大変ね」と同情され、
仲間になってもらえます。

■大切なことはいつだってコレ

困った状況を
攻略できる、

コミュニケーションの
パターンを作りましょう。

進藤清十郎

───────────────
◎発行者情報
代表者名:進藤清十郎
問い合わせ先:comurabo@gmail.com  
運営サイト:https://www.comurabo.com

◎進藤清十郎とは?
職場の【嫌な人】の問題解決コンサルタント 進藤清十郎
職場の嫌な人の苦痛から解放されて、
穏やかに職場ライフを送りたい人に向けた
総合メディア【コミュラボ】を運営。

職場の人間関係の問題である
●パワハラなどのハラスメント
●悪口や嫌がらせ、いじめ問題
●うまくコミュニケーションが取れない
●ストレスで病気になる…
などの苦痛を開放するための、
心理学と脳科学的な知識と技術を提供中。

進藤清十郎のアドレスはこちらです。
メルマガの意見や感想、次に扱ってほしいテーマが
あれば気軽にメールをお願いします。
→comurabo@gmail.com