【部下指導】マネジメントの神髄は人間関係にあり!

こんにちは
職場の人間関係の問題
簡単・瞬間解決コンサルタント
進藤清十郎です。

今日のメルマガは
管理的立場にある人に向けた
内容になっています。

あなたは
マネジメントをする上で
大切なことは何だと思いますか?

「進藤さん、コーチングスキル
だと思います」

「目標達成する志向性では
ないでしょうか?」

など色々な意見が
出てくると思います。

わたしの答えは……

「人間関係をコントロール
する力」

チームが一丸となって
目標を達成するためには

職場の人間関係を
整えないと話にならない
からです。

人間関係が悪いと、
それだけで退職する人も
大勢出てきますし、

人間関係が悪いと
パフォーマンスが落ちるので
成果に繋がらないのです。

■ケーススタディ「コンビニ」

最近、コンビニの24時間営業が
問題となっていますよね?

今日はなぜ24時間営業が
問題となっているか?
を「人間関係」という
切り口から話をしていきます。

さて、
深夜の時間帯は
売上が低いものの、

夜勤のパートさんは
夜勤手当てをつけないと
いけないので、

店舗によっては
パートさんへの給料の方が
売上よりも高い、という
こともあります。

ですので、
オーナーが夜勤帯に
入るケースが多いのですが
1つ問題が出てきます。

夜勤は肉体を
恐ろしいほど酷使する、
ということです。

また基本的にフランチャイズを
する際には、店長が夫、副店長が妻、
として契約するケースが
多く見られます。

売上が安定し、
しっかり週休2日を
取れている店であれば、
問題はありませんが、

売上がシビアな場合は
年間で休日を1日を
とるのですら難しいのです。

そうなると、
利益を確保するために、
店長である夫が夜勤、
副店長の妻が日勤帯、
のシフトに入らざるをえません。

まさしく「生活のずれ」です。

人間関係は
コミュニケーションが
なければ壊れてしまうので、

24時間を営む
売上が厳しい夫婦は
体調だけでなく、

夫婦仲も危険に
さらされています。

そう、強いストレスに
さらされているのです。

このストレスを
パートさんにぶつけてしまい、
パートさんが離職。

人手不足になり、
店長が夜勤と朝勤を兼任、

パートさんの募集を
かけるものの、
人が集まりません。

このような状況では
常にイライラして

夫婦仲も店舗の
人間関係も最悪に
なります。

このマイナススパイラルの
果てにあるのは悲劇しか
ありません。

このような状況に
なる前にやるべきことは

まず人材を安定させる
ことです。

難しいのですが、
パートさんと話をする
時間を作り、

不満を解消するように
働きかけます。

たとえば給料が適切ではない
と不満が上がったら、

ガラスばりの給料の設定基準を
作り、事務所に掲示する。
その基準に当てはめておかしければ
給料を是正する、
といった具合です。

また、パートさんの仕事を
誉めたり、積極的に話かける、
廃棄の商品は無料で渡す、など

パートさんが店舗で
働くことが「たのしい」と
思える環境作りをして
いきます。

■まとめ

マネジメントをする
上では「人間関係を
コントロールする力が必要」

職場の人間関係を良いもの
にするには

●不満を解消する。
●楽しめる環境作りをする

この2点が大切です。

進藤清十郎

★───────────────
職場のハラスメント、悪口、嫌がらせに対する
具体的な対策方法が知りたい方はこちらの
無料講座がおすすめです。

無料メール講座「職場で攻撃してくる人の非常識な対処方法」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adbGHSvg

★───────────────
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
最速・簡単に解決する!

職場の問題に苦しむ人のための
脳科学・心理学マニュアル

■発行元
進藤清十郎

■WEBサイト
https://www.comurabo.com/

■進藤への質問、お問い合わせはこちらです
comurabo@gmail.com