ビジネスコミュニケーション専門のコンサルタントの目から『職場の人間関係』『ビジネスコミュニケーション』について、プロが話せない裏の事情の、さらに奥まで掘りさげてお話をします

【マウント最強の対策】マウントをとる人の心理と、最強の対策…「致死量の●●」とは?

「どこ大出身なの?」
 
「A大です」
 
「だから~おつむが残念なのね。
 わたしくしは旧帝だから、会話が通じないわけね
 
「……はぁ、そうですか」
(いきなりマウントとってくるやつに言われたくないなぁ)

などとマウントを
取ってくる人、いますよね?

張り合ってもいないのに
一方的にマウントをとってくる
のでストレスがどんどん
たまってしまいますよね?

ぼくの周りにも
マウントをとるやつがたいさんいて
かなり参った経験があります。

この経験をもとに試行錯誤をくりかえし、
マウントをとる人に
マウントを強制的にとらせないようにする
方法を発見しました。

もし、あなたが職場のマウントをとる人に
悩んでいるのなら、
ぜひ、この記事を読んでみてください。

マウントをとる人の心理、
さらにその心理を悪用して
あなたにマウントをとらせないようにする
とっておきの秘策をお届けします

 
進藤
解説するのは「特殊なコミュニケーション」講師の進藤です。
2017年からまぐまぐ!で「仕事の嫌な人に苦しめられない人の対応方法」のメルマガを配信、
人間関係で苦しむ人の相談・カウンセリング、プログラムの作成・販売をしています。
わたしがあなたにお届けするのは、「The Killer
脳のしくみを悪用した ” 殺傷性がある人間関係の解決方法 ”です。
ぜひ、「The Killer」を体験してください。

マウントを取る人の心理

マウントを取る人の心は
「わたしはすごい!」
「わたしは誰より価値がある!」
という気持ちがつよい、
とあなたは思われるかもしれません。

しかし、真実は逆です。

全く自信がないですし、
自分に価値があるとすら
思っていません。

人は自分に価値がある、
と思いたい欲があります。

そこで自信がない人は必死に
「わたしはすごい!」
と周囲にアピールします。

炎天下で何時間も
水分補給ができず
苦しんでいるのと
同じです。

彼らはあなたよりも
内心、苦しんでいます。

なぜ、あなたにマウントをとるのか?

では自分に自信がないのに
なぜ、職場のあのひとが
あなたにマウントを取るのか?

疑問に思っているでしょう。

 
「進藤さん、自信がないなら
 マウントを取れないはずですよ」
と感じるのが当たり前です。
自分に自信がないものの
人は自分には価値があると
思いたがる欲求があります。
しかし、自分で何かを達成するのはむずかしいですし、
職場で認められるのもむずかしい……

どうしたら
自分には価値があると
思えるだろうか?

ここで出てくるのが
マウントです。
職場のあのひとは
あなたをバカにすることで(マウントをとる)
「わたしは●●(あなた)より価値がある」
と思えます

そう、マウントをとる人ほど
自分に自信がなく
自分に価値があると思えない……
という心理はこういうことなのです。

マウントをとる人への最強の対策

結論から言いましょう。
ほめましょう。

マウントをとってきたら、
「(わたしと比較しなくても)
●●さんはすごいです!」
と言葉を返すだけです。

砂漠で水がなく、
水分不足の状態の人に
たくさんの水を与えれば、
自然とマウントは収まります。

逆に水を与えなければ
死に物狂いであなたから
水を強奪しようとするため、

マウントは非常に
苛烈なものになるでしょう。

そのような場合は
あえて水を渡してしまった
方が楽です。

ただ、普通のマウントなら
ただほめて終わりです。

しかし、ぼくはそこから進んで
溺れるほどの「ほめことば」を
送ることをおススメします。

マウントをとる人がおぼれるほどの「ほめ言葉」とは?

一日、100回
マウントをとる人をほめてみましょう

褒めるポイントは
どこでもいいです。

たとえば……

「腕時計すてきですね」
「声が声優みたいにきれいですね」
「●●さん、いいですね!」
「一緒にはたらけて幸せです」
「●●さんの顔を見るとやる気が出てきます」
「モチベーションの天才だなぁ」
「まじで10年にひとりの天才ですよね」
「売り込み、最高ですよね」
「●●さんはこの会社で一番、一生懸命働いてますよね」
「●●さん、最高ですね!」

話の脈絡かんけいなく

 
進藤
「●●さん、いいですね!」
と言ってもいいわけです。
たとえば……

マウントメン
「俺の方が優秀なの、おわかり?」
 
進藤
「マウントさん、いいですね!」
マウントメン
「はぁ?」
 
進藤
「前から思っていたんですけど
 マウントさんって声が声優みたいですよね?
 言われません?」
まったく会話がつながってないですよね(笑)

でも、ほめられて
悪い気はしないので、
相手はこころよく、
この話題の転換をうけいれるわけです。

こんな感じで
顔があったら、すぐにほめる

おぼれるほどの「ほめ言葉」は
毒になります。

薬は決められた量だからこそ
効果があります。

もし風邪薬を一日3錠ではなく
一日100錠のんだとしたら
どうなると思いますか?

オーバードーズで死にます

言葉も同じです。
パワハラで自殺するのも

マイナスの言葉を
致死量であたえられたからです。

ほめ言葉にも適切な量があります。
その量を超えてしまうと
薬が毒に反転するのです。

一度褒めたら
図にのるのではないですか?

「進藤さん、マウントを
取ってくる人を誉めたりしたら
さらにマウントを取ってきますよ!」

と不安に思う人も
いるでしょう。

一度味をしめたら
さらにマウントを取ってくる
人もいます。

そのような場合は
もっとマウントを
とらせてあげましょう。

あなたは一日100回
マウントをとる人を
褒めてください

マウントをとる人なんかに
負けないでください。

致死量の「ほめ言葉」をあたえると
ひとがどうなってしまうのか?

その知的好奇心をみたすために
マウントをとる人を
利用する、という気持ちを持つのも
よいでしょう。

まずは1回、マウントをとる人を
ほめてみましょう。

一度ほめると
そのあと、すんなりとほめられるようになります。

そしてほめてほめて、ほめまくって
相手がどうなるか?

実験をたのしんでください。

進藤


人間関係を本気で激変させるためには
コミュニケーションを磨くだけでは足りません。

人間関係を、すこし変えるだけであれば
コミュニケーションを少し変えれば、正直十分です。

しかし、それ以上を求めるのであれば
あなたの現在の状態に合った
「特別な知識・スキル」が求められます。

たとえば、もしあなたが内向的なタイプであれば
さんまさんのように、積極的にコミュニケーションをとるスタイルは
ストレスがとても溜まるため、抵抗が強く、マスターするのに

時間も労力もかかります。

さらに、負担がかかる技術であるため
継続できず、20万円を出し、4か月必死にトレーニングをしても、
1年後には「辞めた」というもったいないこともしている人もいます。

内向的なタイプであれば
積極的にコミュニケーションをとるよりも、
相手の話をよく聞くことが得意なタイプが多いので

「聞く」スタイルを強みにして
成約率を高めるセールスや人間関係の構築方法、
マネジメント、言葉の伝え方……を磨いていく。

さらに「聞くスタイル」にも色々とあります。
●表情の起伏があまりなく静かに「聞くスタイル」
●表情豊かに「聞くスタイル」
●明るい調子で「聞くスタイル」……

スーツのオーダーメイドは
巻き尺で測ればいいので、やりやすいのですが、

コミュニケーションのオーダーメイドは
困難で、できる人がほとんどいません。

しかし、あなたが「THE WORLD」を手に入れれば、
あなたの世界が特別なものになります。

「THE WORLD」に興味をお持ちでしたら
下の画像をクイックしてください。
「THE WORLD」の世界を一緒に見に行きましょう。


———————————————————————–
■お問い合わせ先
———————————————————————–

商品・サービスについてご不明点や知りたいことがあれば
お気軽に下のアドレスにご相談ください。
進藤が直接答えさせていただきます。

最新情報をチェックしよう!
>世界初…あなただけのオーダーメイド教材&「最短で革新的結果をうむ」徹底特別トレーニングの革新的プログラムとは?

世界初…あなただけのオーダーメイド教材&「最短で革新的結果をうむ」徹底特別トレーニングの革新的プログラムとは?

人間関係のスキル・コミュニケーション技術をオーダーメイドで、あなたに「必要な知識・スキル」をマスターするプログラム。プログラムの名前は「The World(ザ・ワールド)」あなただけの特別な世界を作る…という意味で「The World」と名づけました。

CTR IMG