【進藤清十郎】日本がILO条例に参加しないなら?

こんにちは!

職場の人間関係の問題を
最速・簡単に解決する!
心理コンサルタントの進藤清十郎です。

◆ILO総会の話題

突然ですが
ILOのハラスメント条例が
話題となっていますよね?

21日のILO総会でパワハラやセクハラを禁止する条例が
採択されますが、日本は加わらない見込みの
ようです。

東京新聞の記事によれば、
「経団連など経済界が
訴訟リスクや罰則を恐れ、
規制に反対、政府が配慮したためだ」
というのが表向きの理由だと
しています。

条約ではハラスメント
の定義を次のように
幅広く規定しています。

「身体的、精神的、性的または
経済的危害を引き起こす
可能性のある行為」

そしてこれらの行為を
「法的に禁止」すると
明記しています。

ハラスメントを
徹底的に対策して
労働者を守ろうとする
固い意志を感じる条約ですね。

しかし、日本は
労働者よりも企業利益の
優先に動いています。

日本のハラスメントの定義は
「優越的な関係を背景にした
言で、業務上必要な範囲を
越えたもの」

ハラスメント行為を禁止する
規定は盛り込まれていません。

相談窓口を設けるなどの対策を
企業に要請しているに
過ぎません。

日本のハラスメント問題は
先進国の中で遅れており、

今後も改善することは
ないでしょう。

ぜひ、今回は日本も条例に参加して
ハラスメントを許さない社会になってくれれば、
と望むばかりです。

しかし、残念ながら
わたしの期待は裏切られる可能性が
高いでしょう。

そこで今回、職場のハラスメントを
弱い立場でも解決できる講座を
開催することに致しました!

◆ご案内

明日、「心理操作」で職場のハラスメントを
攻略する12日間の無料講座を案内致します。

その名も
『人間ラジコン』
です!

以前、案内したことがあるのですが、
今回はコンセプトから練り直し、
さらにグレードアップした講座になります。

内容としては
「ハラスメントをSTOPする」心理操作を
学ぶことができる講座となっています。

講座のテーマとしては「パワハラ」を
テーマに扱っていますが、
「モラハラ」「カスハラ」「セクハラ」にも対応できる
内容となっています。

「そんなことできるんですか?」
と思う方が多いでしょうが、
ここでいくら説明しても納得できないと思います。

そこで
12日間の講座の中で「心理操作を体験できる」セッションも
用意しているので、

実際に体験してみてから
判断していただければ嬉しいです。

さてこの「人間ラジコン」の12日間の無料講座ですが
明日、募集になります。

興味のある方は
ぜひご参加ください。

ここまでお読みいただき、
ありがとうございました。

進藤清十郎

★───────────────
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
最速・簡単に解決する!

職場の問題に苦しむ人のための
脳科学・心理学マニュアル

■発行元
進藤清十郎

■WEBサイト
https://www.comurabo.com/

■お問い合わせ
comurabo@gmail.com