【パワハラへの対処法】ストレスに殺されないための対処法とは?

こんにちは
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
すぐ・簡単に解決する心理コンサルタント
進藤です。
 
酷いパワハラを受け続けていると
ストレスで「殺される!」
と思ったことはありませんか?
 
わたしはあります。
 
本当に「ストレスで死ぬ……」
とパワハラを受けている当時を
振り返ると思いました。
 
そこでステップ2では
適切なストレスの付き合い方を
紹介します。
 
この方法をマスターすることで
機能不全になった脳の機能が
復活するため、
 
ミスの多発を防ぐことができたり、
深刻なうつ病になることを防止できます。
 
また冷静な判断力、健全なパフォーマンスを
取り戻すことができるため、
パワハラを解決するために
強力な武器となります。
 
では前置きも長くなってきたので
本題に入っていきます。
 
■ストレスとは?
 
強いストレスは突発的であれば
問題はありません。
 
体の免疫系が必死にストレスに
抵抗して、ストレスに対処するからです。
 
しかし、強いストレスが持続すると、
わたしたちの肉体はストレスに対処できなくなり、
 
精神科医ハンス・セリエの言葉を借りるなら
「死に至る」のです。
 
2016年にNHKで放送された番組「キラーストレス」によると、
最新の研究でストレス反応が持続すると、
血管が破壊され、脳卒中や心筋梗塞、心不全を起こすことが
明らかにされました。
 
番組ではそれだけではなく
ストレスが原因で亡くなった方の
実例が数多く紹介されていました。
 
わたしたちはストレス社会に生きており、
ストレスに適正に対抗する手段を知り、
それを実行しなければいけないと、
強く思いました。
 
そこでこのページの中では
ほんとうに利くストレスの対策法を
お伝えします。
 
まずはキラーストレスに効く、
サプリメントを紹介します。

■キラーストレスを殺すサプリメント

ロディオラとは?


以下、「ロディオラ」Wikipediaの引用です。

イワベンケイ(ロディオラ・ロゼア)は気分を向上させたり、鬱を軽減したりする効果があるといわれている。ロシアの調査によると、それは肉体的、精神的パフォーマンスを向上させ、疲労を減らし、高山病を改善することが示されている。 イワベンケイの効果は、セロトニンやドーパミンレベルを最適化し、また、β-エンドルフィンのようなオピオイドペプチドに影響を与えるためであると考えられている。[要出典]この効果は、ニコチンのような中枢神経刺激薬と比べて、健康に深刻なダメージを与えることは少ない。このような効果を示す物質は、アダプトゲンと呼ばれる。スマートドラッグとして取り扱われることもあり学習効果を増大させるとされている。

ー引用終了

わたしが注文したサプリメントはこちらです。

https://amzn.to/2TaF657

睡眠時間や食生活、運動習慣などを
統一したまま

自分の精神状態を比較したところ、
気分が安定したかな?」というような
効果を感じています。

ただ、サプリメントだけでは
やはり効果は薄いな、と
いうのがわたしの個人的な感想です。

■ストレスを殺す習慣


わたしの場合は、
菜食、魚中心の食事。
甘いものを食べる代わりに「ナッツ」「カカオ95%のチョコ」
を食べる。
毎朝の10分の瞑想、そしてヨガ
起床時の搾りたてのレモン水の摂取
定期的な運動
寝る前の数十分の読書
最低6時間の睡眠
ロディオラなどのサプリメントの摂取
勤務中、浅い呼吸ではなく深い呼吸を心がける。

などストレスに対して
1つではなく複数の対策をしているので、

ほとんどストレスなく、
毎日を過ごすことができています。

※それでもストレスはたまるので、
ストレスを認知しないように、
自分にプログラムを打ち込んだりしていますが……

ただ、ほとんどの人は
ストレスをどのように対策すればよいかを
知りません。

■間違ったストレス解消法


たとえば
ストレスが溜まったら……

買い物で発散したり、
ケーキをドカ食いしたり、
愚痴を言ったり、
家で引きこもったり……

間違った対策をしてしまい、
どんどんストレスを雪だるま式に
ためてしまい、

病気になったり、
あげくの果てに働けなくなり、
休職、退職をすることになってしまうのです。

特に甘いものを沢山食べるのは
危険です。

というのも、
わたしたちはわたしたちが
食べたもので作られています。

甘い砂糖がふんだんに
使われたケーキを食べまくってしまえば。

肉体の機能はどんどん落ちてしまい、
ストレスへの抵抗力を自分から
下げてしまっているのです。

■ストレス殺しにおすすめの最高の方法


特に毎日20分ほど早いウォーキング
取り入れることを、おすすめします。

これはイリノイ大学の研究による
ものですが、

毎日20分ほど軽いウォーキング
するだけで、精神状態が良くなった
という研究結果が出ています。

またウォーキングのようなリズム運動は
高い抗うつ効果があるセロトニンの
生成を促しますし、

身体を動かすことで幸福ホルモンの
ドーパミンが出るので、
「幸せ」な気分になれるわけです。

進藤清十郎

★───────────────
職場のハラスメント、悪口、嫌がらせに対する
具体的な対策方法が知りたい方はこちらの
無料講座がおすすめです。

無料メール講座「職場で攻撃してくる人の非常識な対処方法」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adbGHSvg

★───────────────
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
最速・簡単に解決する!

職場の問題に苦しむ人のための
脳科学・心理学マニュアル

■発行元
進藤清十郎

■WEBサイト
https://www.comurabo.com/

■進藤への質問、お問い合わせはこちらです
comurabo@gmail.com