パワハラを常識はずれに解決する裏切者理論とは?

あなたは解決できないパワハラに
悩んでいませんか?

この事実を知るだけで、
あなたはパワハラに対する見方が
180度変わる危険性があります。

ぼくも今まで8年ほど
パワハラ・いじめ問題に取り組んできて、

一般書からいわゆる学術書まで
幅広く調べてきましたが、
今からする解決策を提示した人はいません。

提示したところで
その方法を「具体的な実践レベル」まで
おとしこむことができないので、
誰も言わないのか?

それとも、
「それ」を言うことで、自分の評判に
傷がつくのを恐れて言わないのか?

ぼくはパワハラ・いじめの被害者が人生をボロボロにされ、
加害者優位の現状に対して、一石を投じたいと思っています。

そのため過激なこと、
常識に外れたことも言います。

今日は「パワハラ」=「違反者認定」をテーマに
お話をしていきます。
では本題に入っていきます。

 
進藤
解説するのは「特殊なコミュニケーション」講師の進藤です。
2017年からまぐまぐ!で「仕事の嫌な人に苦しめられない人の対応方法」のメルマガを配信、
人間関係で苦しむ人の相談・カウンセリング、プログラムの作成・販売をしています。
わたしがあなたにお届けするのは、「The Killer」
脳のしくみを悪用した ” 殺傷性がある人間関係の解決方法 ”です。
ぜひ、「The Killer」を体験してください。

パワハラの原因とは?

パワハラの原因は……
裏切り者検出モジュールです。

裏切者検出モジュールとは
カンタンに言うと、

組織や集団の中で「違反者」を
見つけて、それを排除しようとする
仕組みのことです。

この仕組みは、生物が生きる上で
重要な機能を果たしているため、

人間だけではなく
生物全般に備わる
大切なシステムです。

「進藤さん、パワハラやいじめが
重要な機能を果たしているだって?
頭がおかしいんじゃないのか!」

と怒りを感じる人も
いるでしょう。

「パワハラが重要な機能を果たしている」とは?

しかし、この裏切者検出モジュールは
生物にとって大切な機能であるのは
事実なのです。

たとえば、
あなたが30人が生活する村で
生活しているとしましょう。

その村には「ルール」があり、
それを30人が守っているので、
村は維持できています。

たとえば10時に10人の先鋭メンバーが狩りに行き、
その間、10人は農耕に従事し、残りの10人は子供たちの世話や雑務を
こなす、という具合です。

こうした社会的なシステムが
作られている集団は生存可能性が高いと
思いますよね?

しかし、ある日、狩りの先鋭メンバーの1人が
働くことを放棄して、村の農作物や肉を盗むように
なります。

社会学では「フリーライダー」
(コストを支払わずシステムにただ乗りする)
といいます。

「違反者」に対して罰を下さないと、
他のメンバーは「まじめにやっているのが阿呆らしい」
とルールを守らなくなっていきます

すると仮に行くメンバーがどんどん減っていくでしょうし、
農耕を営むメンバーも減っていくでしょう。

するとどうなるか?

食料が減り、
30人は飢え死にすることになります。

わたしたちはこうした集団が危険にさらされることを
遺伝レベルで恐れています。
(遺伝子を残すことが生物の究極の本能だからです)

ですので、
違反者に対して「罰」を与えて、
集団のルールを守らせようとします

罰を与えてもルールを守らなければ、
今度は集団から「排除」することになります。

集団が定めた「ルール」を
守らせることによって、
わたしたちは集団を維持できるのです。

パワハラ・いじめの本質は
この「違反者への罰」です。

では、どうしたらパワハラを解決できるか?

集団のルールを守ることです。

「進藤さん、わたしは集団のルールを
守っていますよ!」という方もいるでしょう。

「その理論で言うなら、
わたしのパワハラ上司こそ違反者だ!」
と訴える人もいます。

今から大切なことを言います。

「パワハラは会社にとってどうでもいい」

実をいうと、パワハラは
会社にとってどうでもいい問題なのです。

というのも、
会社は「利益」を追求する集団です。

「パワハラを解決する」ことを
目的にした集団ではありません。

ですので、厳密に
あなたがやるべきことを
いうのであれば、

会社の利益になる「ルール」を
守ることです。

たとえば、あなたも経験したり
目撃したことがあると思います。

ミスばかりする人は
上司だけではなく、その部署や店舗全体で
「バカ」にされますよね?

なぜ、ミスがこんなに許されないのでしょうか?

ミスをする人に対して、パワハラ・いじめが起こりやすくなる理由とは?

ミスは「利益」を生まないばかりか、
ミスを挽回するのに時間・労力を
かけるため、

「利益を生む」行為とは
180度真逆の行為です。

つまりミスばかりしていると、
その人は「違反者」扱いされ、
集団から「罰」「排斥」される
ことになります。

パワハラを「心理操作」で解決するには
どうすればよいか?

あなたはもう察しているでしょう。

「集団の守るべきルール」をまず知ること。
そしてルールをよく守ることです。

特にこの「よく」という部分が大切です。
ルールを人よりも守っていれば、
その人は「違反」していないことになります。

いいですか?
今からとんでもないことを言います。

これだけはメモをして
いつでも目に見えるところに
貼っておいてください。

パワハラの加害者を「違反者」にしてしまう

パワハラの加害者を
会社の人にとって「違反者」認定
してしまうことができれば、
パワハラを解決することができます

ルールに「違反」していない人を罰してしまうと、
罰した人が「違反者」になります。

つまりパワハラの加害者を「違反者」にしてしまえば、
あとは会社がその「違反者」に罰をくだしたり、
排斥します。

多くの被害者が「パワハラ」問題を
人事部や上司に相談しても
もみ消されたり、ガマンを強いられたりして
解決しない理由は、

パワハラ上司が「違反者」認定されていないからです。

パワハラ上司が「違反者」認定
されることによって、
ようやく会社は動き始めます

逆に言えば、パワハラをリスクを抑えて解決するには
こうした操作を少なからず使わなくてはいけない、
ということです。

パワハラ上司を「違反者」認定する方法とは?

パワハラ上司を「違反者」認定する方法は
被害者の状況によって変わってきます。

一概に「コレ」と言えるものはありません。

ただ、ベーシックに使えるものを
簡単に説明していきます。

パワハラ上司=違反者認定するカンタンな方法とは?

会社で権限を持っている人に
パワハラ上司の問題発言を
こっそり告げ口する、方法です。

たとえば、
部下に対する罵倒が当たり前の
パワハラ部長がいたとしましょう。

パワハラ部長は人事部で会社の採用方針とは無関係に
勝手に採用方針を作り、採用活動をしている
問題を抱えている場合、

問題のある場面を
ICレコーダーなどで記録を取り、
匿名で社長宛に送りましょう。

その際に、
いかに自分は会社のことを想っているのか?
パワハラ部長が会社にいかに損害を与えているか?
パワハラが問題になる現代において、
パワハラ部長は会社にとってリスクでしかないこと、
をあわせて報告をします。

「進藤さん、それができれば確かに一撃で
 パワハラ上司を退職に追い込めるけど
 結構ハードル高くないですか?」

と思われるかもしれません。

そういった方には
ソフトに「違反者認定」させる方法がありますが、

パワハラは心身におおきな
悪影響をもたらすものです。

一気に問題を片づける方が
よいのではないでしょうか?

補足「なぜ、専門家は心理操作によるパワハラ解決」をしないか?

わたしは日本のパワハラ問題の現状を考えれば、
もっと「心理操作」によるパワハラの解決を
学べるところが増えなくてはいけないと思います。

しかし、教えるのに時間も労力も
かかりすぎること。

つまり費用対効果が悪すぎるからです。

しかも、退職代行サービスのような高利益率の高い
パワハラの解決サービス(退職による解決)があるので、
(数分~数十分の電話で1案件(20000円~50000円)

「利益」との兼ね合いを考えると、
費用対効果が悪すぎるので、

「心理操作によるパワハラの解決」は
誰もやりません。

心理のプロの「精神科医」がなぜ
パワハラ問題に本腰を入れないか?
と言われれば、

カウンセリングをしている方が
楽だし、儲かるからです。

進藤


あなたが「4週間で革新的に成長する」ための
ビジネスコミュニケーション上の課題を
プロ目線でご提案させていただきます。

さらに、あなたの課題を解決するための
具体的な方法、習得するための方法などを
アドバイスさせていただきます。

※個別相談会ではあくまであなたの課題を解決するための
 ご提案しかしないため、不要だと判断すれば、
 コミュニケーションプロのコースは一切提案いたしません。
 場合によってはお申込みをされても断ることもございます。
 ご理解をお願いいたします。

今すぐ個別相談会に申し込む
———————————————————————–
■お問い合わせ先
———————————————————————–

商品・サービスについてご不明点や知りたいことがあれば
お気軽にメールにてご相談ください。

最新情報をチェックしよう!
>満足できなかったら全額返金保証

満足できなかったら全額返金保証

実質無料で、現場で実際につかえるビジネスコミュニケーションを今度こそ身に着けてみませんか? 「必要なコミュニケーションスキル」さらにその先の「最高の結果をうみだす」プロのコミュニケーションスキルを手に入れてみませんか?

CTR IMG