時短ハラスメントの逆転対策法

こんにちは
職場の人間関係の問題
簡単・瞬間解決コンサルタント
進藤清十郎です。

今日は昨今問題となっている
「時短ハラスメント」の逆転対策方法について
お伝えします。

さて、本題に切り込んでいきます。

あなたは
80対20の法則を
知っていますか?

ご存知の方が
多いと思いますが、

かなり大切な話なので、
復習がてら聞いてください。

■80対20の法則とは?

結果の8割は
わずか2割の原因によって
うみだされる
法則のことです。

たとえば、
会社の売上の8割が
トップ2割が作っている、

テストで80点取るなら、
2割の重要なところに
集中すればいい、
ということです。

■時短ハラスメントの逆転対策法

昨今、働き方改革に
よるしわ寄せが厳しく、

我々労働者は
効率化を求められています。

しかし、上層部は
「やれ!」というばかりで
具体化な対策を丸投げして
います。

そこでわたしたちは
自分の仕事をよりスピーディーに
してなんとか就業時間以内で
終わらせようとします。

しかし、この方法は
あなたに非常に負荷を与える行為
です。

たとえるなら、
全力疾走で駅伝に出場するようなもので、
いつかは燃え尽きてしまいます。

「どうすればよいものか……?」

とお悩みのことだと思います。

そこで冒頭の「80対20の法則」
が出てきます。

つまり、結果につながる
2割に業務を集中させ、
8割の結果を出すように
意識を変えていきましょう。

■人間は変わらない故に

人間には今までの考えや
行動を維持しようとする
仕組みがあります。

*ホメオスタシス

だからこそ、
「2割に集中」という意識に
変えなくては、

時短時短と騒がれていても、
業務量は変わらないので、
仕事を家に持ち帰って
しなければいけなくなります。

ですので、
重要な2割に集中し、
結果に繋がりにくい8割
はフォーカスしない意識
持ちましょう。

進藤清十郎

───────────────

◎進藤清十郎とは?
私大を卒業後、大手小売業にて
店舗マネジメントに従事する。

その際、職場の上司からのパワハラや
職場いじめを受けて、「コミュニケーション力」
の不足を感じ、本やセミナーを通じて
身に着けようと努力するが無駄に終わる。

その際、メンターの助けを得て、
内向的なまま、人間関係をコントロールする
方法をマスターする。

現在は、卓越した職場のコミュニケーション、
人間関係力をマスターできる
総合メディア【コミュラボ】を運営し、

職場の人間関係の問題である
●パワハラなどのハラスメント
●悪口や嫌がらせ、いじめ問題
●うまくコミュニケーションが取れない
●ストレスで病気になる…
などの苦痛を開放するための、
心理学と脳科学的な知識と技術を提供中。

職場の人からは「宇宙人」「星プリちゃん」
などと評価されているが、
至って普通の人間だと自負している。

無類の炭酸水好きであり、
目隠しをしても、どのメーカーの炭酸水か
分かるほどである。
一番のおすすめは南アルプスの
スパークリングレモン炭酸水。

進藤清十郎のアドレスはこちらです。
メルマガの意見や感想、次に扱ってほしいテーマが
あれば気軽にメールをお願いします。
→comurabo@gmail.com