【魔法の話し方】爆発寸前のパワハラ上司に話しかけるコツ

こんにちは

進藤です!

 

今日のメルマガでは

「パワハラ上司に話しかけるコツ」
を紹介します。

パワハラ気質の上司には
話しかけただけで
舌打ちをされたり、
あからさまに不機嫌に対応される
ことがあります。

距離をおいて働くことができれば
それが一番なのですが、

どうしても報告しなければ
いけないことがある場合は
避けては通れませんよね?

こうしたパワハラ気質がある
上司に話しかけるコツを
紹介します。

そのコツとは

 

上司をよい気分に
させてから話す

パワハラやいじめは
長期的に受けていると
ウツや適応障害などになり、
「就労不可能」な状態に
追い込まれてしまいます。

最悪、自殺にまで
追い込まれてしまいます。

そうした最悪な事態になる前に、
パワハラ上司が異動(or退職)する
もしくは自分が異動(or退職)する
対策をうたなければいけないのですが、

事情があり、
どうにもできない場合、

パワハラ上司が
あなたに攻撃しないように
うまくてのひらで転がす必要があります。

その際に、

 

上司をよい気分に
させてから話す

はとても大切な武器になります。

そもそも
パワハラ上司があなたに舌打ちをしたり
不機嫌になるのは、

1.たんに不機嫌

→誰にも不機嫌なので
  あなた以外にも攻撃的。

2.あなたに嫌な印象を持っている。

→誰にでも不機嫌ではなく
  気に入らない人に対して攻撃的。

という2つの場合があります。

1の場合は全員に対して
不機嫌なので、

機嫌のよいときに話すように
こころがけるようにしましょう。

とはいえ
「シンドウさん、あいつはいつもイライラしてるんですよ」
とおっしゃる方もいるでしょう。

そこで今日のテーマです。

相手の機嫌がわるいなら、
むりやりにでも、
機嫌をよくしてしまう方法ですね(笑)

まさに悪魔のコミュニケーション術です(^^)/

心理学ですと
心理誘導法と呼ばれている方法です。

「心理誘導法って何?」
という首をかしげる方が
ほとんどだと思いますので、
解説していきます。

簡単にいうと
相手の気持ちを
あなたが望む方向に
ひっぱる方法です。

心理学ではたとえば
良い気分にした人と
悪い気分にした人とでは
どのように「消費行動」に
違いが出るか、というような
研究を行っています。

そのような研究を行うときに
人を「特定の気分」にさせることが必要なので、
心理誘導法が使われることになるのです。

心理誘導法の例としては
●物語をよませる
●音楽をきかせる
●匂いをかがせる
●映画をみせる
などの方法があります。

コンビニやスーパーで
はやりのJpopが流れているのも
これ、心理誘導法の1つです。

わたしたちは音楽によって
気分があがったり、下がったするので、

当然、気分があがると、
「買ってもいいぞ!」という
気持ちになってしまいます。

だまされてはいけませんよ!

わたしたちはたいしてほしくないのに
音楽や商品のパッケージによって
「ほしい!」とこころを誘導させられてしまう
ことがあるのです。

気をつけてね!

さてさて
この心理誘導法ですが、
職場でめちゃくちゃ
使えます。

とくにパワハラ上司に
話しかけなければいけないときは
この心理誘導法がゴリゴリに役に立ちます。

もう言っちゃったんですが

 

上司を良い気分に
させてから話す

がポイントですね。

「進藤さん、その良い気分にさせるのが
むずかしいんだよ!」
というお怒りの声が聞こえてきそうです!

良い気分にさせるのは
かなり簡単です。

そのコツとは……

 

上司がほめてほしいところを
ほめる

 

たとえば
時計にこだわりがあるなら
「その時計、素敵ですね」
とほめる。

●●の施策にこだわりがあるなら
「●●をしたのですが、■■な結果が出ました。
 ▲さんのおっしゃる通りですね」とほめる。

ほめるところがなければ
「●●さん、おはようございます。
 優秀な●●さんと一緒に働けて幸せな気持ちになります」
と口だけでいいのでほめる。

てっとりばやく
褒めると、相手の気持ちが「上機嫌」
になるので、

よい機嫌になったら
本題に切り出すように
しましょう。

ただ、上司が最低すぎて
「ほめたくない!」という人もいますよね。

そういう人の場合は、
話しかける前に、リラックス効果がある、
ほどよい熱さお茶を上司に渡して置き、

しばらく経ってから
話すようにする、だけでも
変わります。

とはいえ、
「シンドウさん。わたしにはできません……」
と思いますよね?
「それ本当に効果あるんですか?」
と。

効果ありますよ。
心理誘導法が「効果」がなければ、
コンビニやスーパーで軽快な音楽は
流されていませんし、

自己啓発セミナーで
テンションの高い曲を流しながら
全員で体をうごかすようなエクササイズが
行われていませんし、

営業やナンパをするとき
相手を「ほめる」ようなトークは
しないでしょう。

効果があるからこそ、
日常のいたるところで
心理誘導法のテクニックが
使われています

逆に言うと
僕のように「これは心理誘導になる」
と思ってトークをしかけることができる側からすると、

「相手がわからない」方が
こころを誘導しやすい。

それはあなたのパワハラ上司も
同じです。

あなたが心理誘導をつかっても
上司は気づきません。

気づかないなら
やるしかないでしょう。

やらないなら
いつまでもパワハラ上司の機嫌に
悩まされるだけですが、

心理誘導がつかえるようになれば
そんな悩みから、一生解消されるからです。

進藤拓磨

★───────────────
職場のパワハラ、悪口、嫌がらせに対する
具体的な対策方法が知りたい方はこちらの
無料講座がおすすめです。

無料メール講座「たった一言でパワハラ・いじめをシュシュッと解決し、」
みんなから愛されるようになる【魔法の話し方】

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adbGHSvg

★───────────────
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
最速・簡単に解決する!

職場の問題に苦しむ人のための
脳科学・心理学マニュアル

■発行元
進藤拓磨

■WEBサイト
https://www.comurabo.com/

■進藤への質問、お問い合わせはこちらです
comurabo@gmail.com 

>最強Text「身近な人の攻撃をなくす方法」

最強Text「身近な人の攻撃をなくす方法」

身近な上司、同僚、お局さん……の攻撃に悩まされていませんか? 本当に身近な人の攻撃をなくす「実際に効果があった」方法のみを厳選して、具体的・理論的・超効果的な教材を、圧倒的なボリュームで用意しました!

CTR IMG