【進藤清十郎】心理学者のメンタルの保ち方


――――――――――――――――――――――――――
このメルマガは
●内気   
●傷つきやすい 
●周りに合わせるのが苦痛、
など、人間関係に
苦痛を感じている方向けのメルマガです。

●内向的なまま協調性を発揮する方法

●嫌われる勇気を持つ秘密
●強い罪悪感、恥の意識を消して、人生を楽に生きる方法
●ありのままのあなたで、自己主張できるようになる会話法
●ある文房具を使って、パワハラや職場いじめをこっそりと消す秘密
●敏感すぎる、繊細すぎる、メンタル改善方法。


などの情報を配信しています。
―――――――――――――――――――――――――

 
こんにちは
進藤清十郎です。
 
今日もメールを開いて
くださりありがとうございます。
 
わたしたちは
職場でメンタルを傷つけられながら
働かなくてはいけませんよね。
 
「そうなんです、進藤さん。
わたしのメンタルは毎日ボロボロに
されてしまうんです」
 
そこで
あなたのメンタルを傷つけずに
働く方法を紹介します。
 
◎メンタルは認知でコントロールする
 
かつて心理学者ジェームズは
「悲しいから泣くんじゃない。
泣くから悲しんだ」という有名な言葉を
残しました。
 
どういうことか、
と言いますと、
 
わたしたちは通常
悲しいから泣く、
と考えていますよね?
 
しかしジェームズは
180度逆の考えを述べたのです。
 
つまり
泣くから、悲しくなる。
 
現代では人の「認知」が「感情」を
決定してしまうことがわかっています。
 
たとえば心理学者シャクターは
エピネフリン(興奮剤)を投与された
男性に2つの映像を見せる、
という実験が行いました。
 
ある男性には感動的な映像を
別の男性には不愉快になる映像を
見せたところ、
 
感動的な映像を見た男性は
肉体の興奮を「感動」と判断し、
 
逆に不愉快になr男性は
肉体の興奮を「怒り」と判断したのです。
 
つまり、
映像を見る(認知)ことで
感情が大きく変わってしまった、
ということです。
 
◎「不愉快な出来事」=ゲーム
 
たとえばわたしたちが
いきなり「あなたは無能ね」「さっさと仕事辞めた方がいい」
と言われたら、
 
わたしたちはこう思うでしょう。
「ふざけるな!」と怒ったり
 
もしくは「どうしてこんなことを言うのだろう?」
と悲しくなるでしょう。
 
怒りや悲しみの後には、
ストレスしかたまりません。
 
怒りと悲しみを抱えすぎてしまうと
強いストレスに苦しみ続けることになり、
身体を壊すこともあります。
 
そこで、
「あなたは無能ね」と言われたのなら、
 
そこでわたしたちはこう考えるべきなのです。
 
「面白いゲームが始まった!」と。
 
「進藤さん、そんな風に考えられません」
「進藤さんは変なんです。普通はそんな風に考え
ないですよ」
 
と思うでしょう。
 
しかし、職場の嫌な人はRPGゲームの「ボス」
みたいなものです。
 
そのボスをどう倒すか?
会話からボスの価値観をひもとき、
ボスにとって最も効果的な会話を繰り出す…
 
すると、相手が全く別の反応を
取るようになります。
 
そうしていくつか反応を変えていき、
相手が全くわたしたちに攻撃しないどころか、
 
わたしたちにベタぼれのような
状態になったとき、
 
もしくは嫌な人を無害にしたり、
場合によっては人事などに相談し
異動や退職させたとき、
 
このゲームは終わります。
 
もしあなたがパワハラなどのハラスメント、
いじめや孤立、といった職場の問題を
 
「やった!楽しいゲームができる!」と
 
思えるようになったのなら、
メンタルをやられることはないでしょう。
 
 
どんな苦しみでさえも
「楽しもう!」と思えれば、
メンタルを健全に保つことができます。
 
◎無理です……
 
という方が大半だと思います。
 
わたしももしこんなメールが来たら
「進藤さん、無理だよ」とメールを
送っています。
 
そこでわたしが今まで送ったメールを
読み返してみることをおすすめします。
 
そのメール講義の中で書いている
ことを実際にやってみてください。
 
「楽しもう!」と思えないでしょう。
「これで本当に効果が出るのか?
もっとひどいことになるんじゃないのか?」
と不安や恐怖を感じるでしょう。
 
ただ「行動」を起こしましょう。
 
行動をすれば、
今までとは違う結果が出ます。
 
その結果を手に入れることで
あなたは少しずつ「コミュニケーション楽しい!」
と思えるようになるでしょう。
 
 
どうせ苦しいのなら、
楽しんだ方がいいと、
わたしは思いますよ。
 
進藤清十郎
――――――――――――――――――――――――――
◎発行者情報
代表者名:進藤清十郎
問い合わせ先:comurabo@gmail.com 
運営サイト:https://www.comurabo.com

◎進藤清十郎とは?
人間存在の本質からアプローチするメソッド。
認知科学理論、社会的学習理論、グループダイナミクス、脳科学、神経科学、言語学、文化人類学、禅、東洋思想、現代哲学などを組み合わせた新時代のコミュニケーション。人間存在の本質をうがつコミュニケーション研究家。
 
現在の目標は、パワハラやいじめがなくならないことを前提とした「個人がひとりで、コミュニケーションだけでパワハラ・いじめ問題を解決できるようになる」コミュニケーションプログラムをひとりでも多くの人に広げて、自殺・過労死・うつといった日本の病を解決すること。

進藤清十郎のアドレスはこちらです。
メルマガの意見や感想、次に扱ってほしいテーマが
あれば気軽にメールをお願いします。
→comurabo@gmail.com