【進藤清十郎】孤立したときの、簡単な緊急対策

こんにちは

進藤清十郎です。

今日もメールを開いてくださり

ありがとうございます。

さて

職場で上司や同僚と

うまくいかず

孤立した経験はありますか?

わたしはかなり

あります。

「進藤さん、わたしも職場で

うまくコミュニケーションが

取れず、孤立しています。

どうすればいいですか?」

という方にオススメな

緊急対応をシェア

していきます。

◎孤立する原因

基本的に人間は

異分子を排除する

仕組みがあります。

ですので、

  • わたしのような変人
  • わたしのように過度に内向的
  • わたしのように興味が世間と

ずれすぎている

と、孤立します。

 

◎孤立しないための

緊急対応

それは……

「接触の頻度を増やす」

心理学者のザイアンスは

実験によって、

接触の頻度を高めると

好感度が高まることを

証明しました。

「接触の頻度を増やしても

意味がないですよ」

と考えているかもしれません。

実を言うと、

その通りです。

単純に接触の頻度を

増やすだけでは、

好感度は上がりません。

むしろ逆効果になることも

あります。

では、どのような

接触であれば効果が

あるのでしょうか?

少し考えてから、

下にスクロールして

ください。

◎答え

「報酬のある接触」

報酬のある接触とは

たとえば

  • 笑顔
  • 相手を誉める
  • プレゼント
  • ねぎらう……などです。

たとえば、

「~さん、いつも~して

くれてありがとうございます。

~してくれるのは~さんだけ

なので助かっています」

とねぎらったり、

「~さんの腕時計素敵ですね」

と誉めるのです。

最初は会話を繋げなくて、

単発で言っていきましょう。

無理に会話をつなげなくて

オッケーです。

小さくブローをしていけば

時間が経つほどに

ダメージが蓄積されていき、

孤立することも

少なくなっていきます。

これは

恩をうけたら恩を返す

人間の仕組みによる

ものです。

つまり

「(先に)与えよ、さらば与えられん」

ということです。

進藤清十郎