【逆に強要できる!】仕事のやり方を強要する人への対処法

こんにちは進藤です。

突然ですが、あなたの職場には
仕事のやり方を強要してくる
人はいますか?

「進藤さん、わたしの上司が
それです」

「います。ものすごく
悩んでいます」

とお悩みの方には朗報です。

では、今から
「自分の仕事のやり方を
強要してくる人の対策」
の授業を始めましょう。

なぜ、強要してくるか?

人には
独特な価値観があります。

たとえば「仕事は我慢代」と
いう価値観をもっている人も
いれば、

「仕事はゲーム」という
価値観をもっている人もいます。

この価値観ですが、
人には「自分の価値観は正しい!」
と確認したい欲があります。

仕事のやり方には
その人の価値観が
色濃くでているため、

仕事のやり方を
否定すると、

価値観を否定する
と思われ、

信じられないほど
激怒されることに
なるのです。

強要に対する対処法

ですから、
仕事のやり方を強要されたら……

まず共感を。

「~のやり方で進めろ」
「~のやり方ですね、わかりました」

とまずは受け入れるのです。

「進藤さん、そんなことくらい
やってますよ!」

とあなたは思うかもしれません。

しかし、世の中の多くの人は
「まずは共感」ができません。

「いや」「しかし」「でも」
と否定するので、
反発をくらうのです。

まずは共感、が
人間関係では強力な
パワーを発揮します。

仕事のやりかたを曲げさせる

ここから、
相手の「仕事のやり方」を
ねじ曲げる作業に入ります。

すこし難しいのですが、

相手の価値観を活用して、
相手の「仕事のやり方」を
曲げるのです。

どういうことか、
と言いますと、

たとえば「効率重視」の
上司がいるとしたら、

まずは上司のやり方を
そのまま素直に
やります。

次にあなたの仕事のやり方を
上司に相談する形で
話してみるのです。

「~さんの仕事の進め方を
やってみたんですが、すぐに
仕事が終わってミスもしません
でした。~さんの仕事の価値観は
効率的ですばらしいです」

とまず相手を誉めて、
よいムードを作ります。

次に
「実は~の点を~のように
すると、さらなる効率アップが
できるのではないか、と思いまして、
効率を上げるために~をしても
よいでしょうか?」

と話します。

このような話し方であれば、
相手の価値観を否定していないため、

あなたの仕事のやり方が
受け入れられる可能性が
飛躍的に高まります。

つまり
強要→反発
強要→我慢して受け入れ続ける
ではなく、

強要→共感→ねじ曲げる
ことが相手から嫌われませんし、
あなたもストレスで悩まなくなります。

とはいえ、1回でうまくいく方法ではありません。
何度も根気よく繰り返して
行わなければいけない方法です。

イメージとしては
「お手」をダックスフンドに覚えさせる
感じで行っていきましょう!

進藤

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
最短4週間で悩みを解決したい方へ
特別なご案内

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

4週間で職場の人間関係、
コミュニケーションの悩みが解決し
3ヶ月以内に理想を超える自分になる方法に
興味がある人は他にいませんか?

たった1つのテンプレートを使うことで
今、お話をしたことが可能であるとしたら
信じることができますか?

・1つのテンプレートを
 穴埋めすれば自然にできる

・長年人間関係・コミュニケーションに
 苦手意識がある人でも成功している

・最短4週間で激変する

この特別なテンプレートを
手に入れて穴埋めをするだけで

500人以上の職場の人間関係、
コミュニケーションの悩みが
解決しました。

この手法を解説した動画を
無料で公開しています。
(間も無く終了)

もしあなたがyoutubeや書籍の
ノウハウを実践しても全然
解決できず困っている……

友人や家族・職場に相談しても
解決しない…

労基に掛け合っても
解決しない…

もう、取る手がないのなら
ぜひ受け取ってください。

受け取り方法は簡単です。

下のボタンをクイックして
サイトのフォームに普段使っている
メールアドレスを入力して
登録を完了させてください。

20秒以内にメールボックスに
解説コンテンツをお送りします。

最新情報をチェックしよう!