【進藤清十郎】仕事のやり方を強要する人を攻略する

こんにちは進藤清十郎です。

突然ですが、あなたの職場には
仕事のやり方を強要してくる
人はいますか?

「進藤さん、わたしの上司が
それです」

「います。ものすごく
悩んでいます」

とお悩みの方には朗報です。

では、今から
「自分の仕事のやり方を
強要してくる人の対策」
の授業を始めましょう。

◎なぜ、わたしたちに
強要してくるか?

人には
独特な価値観があります。

たとえば「仕事は我慢代」と
いう価値観をもっている人も
いれば、

「仕事はゲーム」という
価値観をもっている人もいます。

この価値観ですが、
人には「自分の価値観は正しい!」
と確認したい欲があります。

仕事のやり方には
その人の価値観が
色濃くでているため、

仕事のやり方を
否定すると、

価値観を否定する
と思われ、

信じられないほど
激怒されることに
なるのです。

◎強要には、まず共感

ですから、
仕事のやり方を強要されたら……

まず共感を。

「~のやり方で進めろ」
「~のやり方ですね、わかりました」

とまずは受け入れるのです。

「進藤さん、そんなことくらい
やってますよ!」

とあなたは思うかもしれません。

しかし、世の中の多くの人は
「まずは共感」ができません。

「いや」「しかし」「でも」
と否定するので、
反発をくらうのです。

まずは共感、が
人間関係では強力な
パワーを発揮します。

◎共感→ねじ曲げる

ここから、
相手の「仕事のやり方」を
ねじ曲げる作業に入ります。

すこし難しいのですが、

相手の価値観を活用して、
相手の「仕事のやり方」を
曲げるのです。

どういうことか、
と言いますと、

たとえば「効率重視」の
上司がいるとしたら、

まずは上司のやり方を
そのまま素直に
やります。

次にあなたの仕事のやり方を
上司に相談する形で
話してみるのです。

「~さんの仕事の進め方を
やってみたんですが、すぐに
仕事が終わってミスもしません
でした。~さんの仕事の価値観は
効率的ですばらしいです」

とまず相手を誉めて、
よいムードを作ります。

次に
「実は~の点を~のように
すると、さらなる効率アップが
できるのではないか、と思いまして、
効率を上げるために~をしても
よいでしょうか?」

と話します。

このような話し方であれば、
相手の価値観を否定していないため、

あなたの仕事のやり方が
受け入れられる可能性が
飛躍的に高まります。

つまり
強要→反発
強要→我慢して受け入れ続ける、
ではなく、

強要→共感→ねじ曲げる、
ことが相手から嫌われず、

あなたもストレスで悩まない
解決法です。

進藤清十郎