ビジネスコミュニケーション専門のコンサルタントの目から『職場の人間関係』『ビジネスコミュニケーション』について、プロが話せない裏の事情の、さらに奥まで掘りさげてお話をします

社員のパワハラ・職場全体のいじめに悩んでいた50代女性が、4週間後に「安心できる職場」を手にできたのか?

4週間で、職場のパワハラ・いじめを
克服した烏丸さん(匿名希望のため仮名)の

紹介します。

相談にいたるまでの経緯

烏丸さんは当時、百貨店に勤務しており
当初は人間関係がうまくいっていたようでしたが、
ある女性社員Aと仲違いをしてしまったことをきっかけに、
勤務中に喧嘩をするようになりました。

店長が仲裁に入りましたが解決に至りませんでした。
女性社員Aは他のパートさんと組んで、
烏丸さんに対して攻撃を始めました。

そして……
「烏丸さんとはもう働けません。
 烏丸さんが辞めるか、わたしたちが辞めるかです」
と言われてしまったのです。

烏丸さんはSVや店長と相談して他店舗に異動になりましたが、
異動先でも嫌われてしまい、
全員から「空気読んでください」「これ以上一緒に働けません」
SVからは「烏丸さんが悪い!」ときつい突き上げをされたり、
店長から「やる気あるんですか!」「前々ダメ!」などと
毎日のように責められるようになりました。

では、烏丸さんがこの状況からどのように
絶望的な状況をひっくり返したのか
具体的に見ていきましょう。

烏丸さんの問題点とは?

ぼくがヒヤリングをしていく中で
烏丸さんが嫌われる問題点が明らかに
なってきました。

「裏切者検出モジュール」です。

 
進藤
進藤のワンポイント心理学
※裏切もの検出モジュールは
 「ふつう」と「異端者」をみつける脳の仕組みであり、
 「異端者」と認定されると、パワハラ・いじめの
 ターゲットにされます。

ヒアリングをする中で、
烏丸さんは職場の人が全員守っているルールを

「それはおかしい」
「納得できないからやらない」

と言って、そこから喧嘩になってしまう、
というパターンが多かったのです。

みんなが守っているルールを
守らないことは

「裏切もの検出モジュール」
が働いてしまうので、
職場から「排斥」されてしまいます。

この烏丸さんのケースはまさに
「裏切もの検出モジュール」
が働いてしまっている状況です。

このままでは
異動先の店舗でも「排斥」されてしまい、
クビに追い込まれてしまう
可能性が高い状況です。

そこで烏丸さんにまず
「裏切もの検出モジュール」が働かなくなるように
職場のルールを見つけて、
それを守るようにして
いただきました。

それと同時に
相手から良い反応を引き出す
「返報性」を刺激する行動リストを作り、
それも忠実にこなしていただきました。

烏丸さんの4週間後…

烏丸さんがどうなったと思いますか?
さすがにこの状況から
どうにもならない、とあなたは思うでしょう。

ぼくも「この状況からの逆転は厳しい」と
正直思っていました。

しかし烏丸さんは
ぼくの言ったことを
そのままなぞるように
やってくださったのです。

そして結果は、
烏丸さんが実際に
ぼくに言ってくださった言葉で説明します。

進藤さんの言葉通りにやっていったらみんな変わっていきました。
 進藤さんのおかげで職場で働くのがずっと楽になりました。
 進藤さんがいなければ私はダメになってました。
 進藤さんと出会えて本当によかったって思ってます

烏丸さんは今では職場で「影響力」が増し、
自分の言いたいことを主張できるようになり、
「働くのが楽しくなった」と言ってくださりました。

※烏丸さんは職場の「ルール」を色々
変えるのが今楽しいようで、
その話をよくしてくださいます。


あなたが「4週間で革新的に成長する」ための
ビジネスコミュニケーション上の課題を
プロ目線でご提案させていただきます。

さらに、あなたの課題を解決するための
具体的な方法、習得するための方法などを
アドバイスさせていただきます。

※個別相談会ではあくまであなたの課題を解決するための
 ご提案しかしないため、不要だと判断すれば、
 コミュニケーションプロのコースは一切提案いたしません。
 場合によってはお申込みをされても断ることもございます。
 ご理解をお願いいたします。

今すぐ個別相談会に申し込む
———————————————————————–
■お問い合わせ先
———————————————————————–

商品・サービスについてご不明点や知りたいことがあれば
お気軽にメールにてご相談ください。

最新情報をチェックしよう!
>劇的な変化をうむ「●●言葉の秘密」とは?

劇的な変化をうむ「●●言葉の秘密」とは?

「よいアイデアのはずなのに提案が取らない……」「何を言っているかわからないと言われる……」うまく言葉が伝わらないのは「●●言葉」を使っているから。「●●の言葉」を使うことで、提案がローションのようにスルスル通り、報連相を含む、他者とのやりとりが夫婦漫才クラスにレベルUP‼ あなたのビジネスを激変する「●●言葉の伝え方」……無料メルマガ講座にて絶賛公開中 !  お気軽にためして、お気楽に今を「NEW」に変えよう!

CTR IMG