ビジネスコミュニケーション専門のコンサルタントの目から「人間関係」「コミュニケーション」のあなたの悩みを本当に解決するためのヒントを裏の裏までお話をします。

マニピュレーターへの最強の対処法は「あなたが●●になること」

あなたはマニュピレーターを
知っていますか?

「進藤さん、わたし知ってます。
マニピュレーターって
サバンナにいますよね?」

と思ったそこのあなた、
マニピュレーターは
動物ではありません。

マニピュレーターは
わたしたちの人生を
脅かす危険な人のことです。

マニピュレーターに目をつけられると……

職場で居場所をなくされる。
徹底的に詰められて、自尊心をこなごなに破壊される。
気づいたら人間関係で孤立させられている。
うつ病やパニック障害になるまで精神的に追い詰められる。
自分の欲を満たすための奴隷にさせられる。
という被害を受けることになります。
そのような被害を受けないために、わかりずらいマニピュレーターの正体と
最強の撃退法を身につけていきましょう。
 
進藤
解説するのは「特殊なコミュニケーション」講師の進藤です。
2013年からまぐまぐ!で「仕事の嫌な人に苦しめられない人の対応方法」のメルマガを配信、
人間関係で苦しむ人の相談・カウンセリング、プログラムの作成・販売をしています。
わたしがお届けするのは、「コミュニケーションのゴキジェット」
脳のしくみを悪用した ” 殺傷性がある人間関係の解決方法 ”です。

マニピュレーターとは?

マニピュレーターとは
人をコントロールして自分の意のままにする人間のことです。

 
進藤さん、それだとわかりずらいです

人をコントロールして、自分の意のままにする人間……
と言われても、パっとわかりずらいですよね。

具体例をあげましょう。

わたしが新卒として入社した某小売企業の話です。

配属先の店長がスーパーマニピュレーターでした。

 

店長は周りの人のこころをうまく支配し、
自分の意のままにコントロールするプロでした。

たとえば……

ノルマがまったく達成できないと「俺がやったら楽にいくのに、お前らに任せているからいかねぇじゃねぇか!」
と怒鳴り、「どうするんだ?」と徹底的に詰めてきました。
それで「足りない分は払います……」と言うまで恫喝は続きました。
わたし以外の同期も自腹でノルマの補填を行っており、
人事部にバレるまで、毎年新入社員が来たら、「自爆」補填をさせていたのです。
 
 

マニピュレーターの厄介なところは
「自分が悪くない」というポーズを見せたまま、
わたしたちにうまく罪悪感を持たせることです。

マニピュレーター店長の例でもわかると思いますが、
「俺がやったら絶対ノルマが行くのに、お前らに任せてるから俺の成績が下がる」
とこちらに罪悪感をうまく持たせています

また、新入社員に仕事を任せ、さらにノルマを達成させることで
上層部からは高く評価されることになります。

マニピュレーター自身、やったのはただ「恫喝」して、コントロールをしただけです。
そして、成果や良い評判は自分ひとりだけのものにしてしまう

これがマニピュレーターの生態です。

まるでハイエナです。

マニピュレーターへの最強の対処法

マニピュレーターを撃退する最強の対処法、
そろそろ知りたいですよね。

では発表します。

マニピュレーターを撃退する
最強の対処法とは……

 

「応戦戦略」

応戦戦略と言っても
わかりにくいですよね。
詳しく説明していきます。

この応戦戦略はマニピュレーター対策に
鬼効果的なので、ぜひ聞いていってください。

応戦戦略とは?

応戦戦略とは
簡単に言うと、

相手がとった行動と
同じやり方で返すということです。

 
進藤さん! 根拠を示してください!

と感じていると思いますので、
根拠を手短にお話します。

マニピュレーター対策に「応戦戦略」が最強な理由

政治学者のアクセルロッドは
コンピューターを用いた
シミュレーション実験を行いました。

 

その結果、
応戦戦略が最も勝率が高かったのです。

わかりやすく田中君と伊藤君が
勝負をしたと想定しましょう。

選択肢がA,Bしかない場合、

 

最初に田中君が最初にA、次に伊藤君がBという
戦術を取った場合、

2回目に田中君がとるのは、
1回目に伊藤君がとったBと同じ戦略を取ります。

図にすると、こんな感じです。

 1回目2回目3回目4回目
田中

伊藤

 

アクセルロッドのゲームにはほかにも
逆応戦戦略(伊藤君がBなら、田中君がA)
フリードマン戦略、ヨッス戦略……など多数の戦略で
戦いましたが、

この応戦戦略が最も勝率が
高かったのです。

具体的なマニピュレーターへの「応戦戦略」対策とは?

基本的にはマニピュレーターが
あなたにしてきたことを
そのまま返します

たとえば、あなたに悪口を言ってきたのなら
悪口をそのまま返します。

たとえば「給料泥棒はさっさと帰れ!」と言われたら
「給料泥棒はさっさと帰れ!」と言い返せばいいわけです。

また、職場の人に根も葉もない噂を流すようなら
あなたも根も葉もない噂を流しましょう。

すると、マニピュレーターとしては
支配し、自分の意のままにコントロールしたいのに、逆に働きにくくなっている
と感じて、あなたから手を引くしかありません。

これが「基本方針」です。

もしあなたが上司から「お前はバカだ!」と言われて、
「お前がバカだ!」と言ってしまったら
あなたの方が非常識な人だと判断されかねません。

そこで……
「表面的には問題のない方法」で
うまくやり返す必要があるのです

相手が上司の場合、応戦戦略は難しい

ただ相手が上司の場合に
悪口をそのまま返すのはリスクが高いですよね。

そのような場合には
「褒める」戦略を使ってみてください

なぜなら、
「誉める」のは

一番簡単な
人をコントロール
するスキルだからです。

もしあなたが職場で
孤立していたり、
いじめに遭っているなら

マニピュレーター
を徹底的に誉めて
ください。

なぜ、「褒める」が効果的か?

「褒める」行為は
相手をコントロールをする
一番安全で効果的な方法だからです。

ぼくたちは「褒められる」と
脳の中にドーパミンという快楽物質が
どばどば出てきます。

たとえば、勉強をしたくない子供が
勉強をしたときに、めちゃくちゃ褒められる……
という経験をすると……

勉強をする→褒められる→ドーパミンが出る→気持ちいい!

あなたはより気持ちよい体験をしたいですよね?

ぼくもそうです。
あなたを攻撃するあの人も同じです。

ぼくがあなたに提唱したいのは
「褒める」ことで相手の脳に「ドーパミン」を出させて
あなたの攻撃しないようにコントロールすることです。

相手がマニピュレーターなら、
こちらもマニピュレーターになる。

もしあなたが
マニピュレーターの言いなりに
一度でもなれば、

マニピュレーターは
「こいつは俺のいいなりだ」
と思い、徹底的にあなたを
支配しようとしてきます

ですので
わたしたちは
やり返す必要があります。

それは小さな抵抗で
いいのです。

「やり返された」という事実を
マニピュレーターの脳に
焼きつけないといけません。

マニピュレーターになりたくない……

 

あなたは「相手と同じ土台に立ちたくない……」
と思っているかもしれません。

しかし、あなたが戦場に駆り出されており
目の前に銃を構える兵士が立っているとき
あなたは「話せばわかる!」と言うでしょうか?

話し合いを持ち出す前に
相手はあなたの命を奪うために
銃の引き金を引くでしょう。

あなたがすべきことは
あなたが殺される前に
相手を撃つことです。

職場の人間関係では
時にきれいごとでは
解決しないこともあります。

たとえばあなたが
マニピュレーターから
パワハラ被害にあっている場合、

あなたが被害を訴えても
周りはあなたが悪い、
と考え誰もあなたを助けません。

そのような非常時には
マニピュレーターとして
ふるまう必要もあるのです。

しかし、今ぼくがあなたに話したのは
「基本的な対策法」です。

あなたの状態・相手によっては
逆効果になることもあります。

小さく試してみて
改善が見られれば、
ゆっくりと行動を強化していきましょう。

「進藤さん、そんなまどろっこしい方法は嫌だ」
「もっと根本的で、最短であの人の攻撃をなくす方法があればおしえてください!」
と感じてる方は、下記に紹介しているプログラムを参照してみてください。

僕自身、そしてぼくのサービスの購入者の方々が
実際に「身近な人の攻撃をなくすことに成功した」
超実践的プログラムです。

今なら実質無料でご参加いただけます。

進藤


人間関係を本気で激変させるためには
コミュニケーションを磨くだけでは足りません。

人間関係を、すこし変えるだけであれば
コミュニケーションを少し変えれば、正直十分です。

しかし、それ以上を求めるのであれば
あなたの現在の状態に合った
「特別な知識・スキル」が求められます。

たとえば、もしあなたが内向的なタイプであれば
さんまさんのように、積極的にコミュニケーションをとるスタイルは
ストレスがとても溜まるため、抵抗が強く、マスターするのに

時間も労力もかかります。

さらに、負担がかかる技術であるため
継続できず、20万円を出し、4か月必死にトレーニングをしても、
1年後には「辞めた」というもったいないこともしている人もいます。

内向的なタイプであれば
積極的にコミュニケーションをとるよりも、
相手の話をよく聞くことが得意なタイプが多いので

「聞く」スタイルを強みにして
成約率を高めるセールスや人間関係の構築方法、
マネジメント、言葉の伝え方……を磨いていく。

さらに「聞くスタイル」にも色々とあります。
●表情の起伏があまりなく静かに「聞くスタイル」
●表情豊かに「聞くスタイル」
●明るい調子で「聞くスタイル」……

スーツのオーダーメイドは
巻き尺で測ればいいので、やりやすいのですが、

コミュニケーションのオーダーメイドは
困難で、できる人がほとんどいません。

しかし、あなたが「THE WORLD」を手に入れれば、
あなたの世界が特別なものになります。

「THE WORLD」に興味をお持ちでしたら
下の画像をクイックしてください。
「THE WORLD」の世界を一緒に見に行きましょう。


———————————————————————–
■お問い合わせ先
———————————————————————–

商品・サービスについてご不明点や知りたいことがあれば
お気軽に下のアドレスにご相談ください。
進藤が直接答えさせていただきます。

最新情報をチェックしよう!
>あなただけのオーダーメイドプログラム「最短で革新的結果をうむ」徹底特別トレーニングの革新的プログラムとは?

あなただけのオーダーメイドプログラム「最短で革新的結果をうむ」徹底特別トレーニングの革新的プログラムとは?

人間関係のスキル・コミュニケーション技術をオーダーメイドで、あなたに「必要な知識・スキル」をマスターするプログラム。プログラムの名前は「The World(ザ・ワールド)」あなただけの特別な世界を作る…という意味で「The World」と名づけました。

CTR IMG