【孤立対策】職場で追い込む「マニピュレーター」とは?

【孤立対策】職場で追い込む「マニピュレーター」とは?

こんにちは
職場の人間関係の問題
簡単・瞬間解決コンサルタント
進藤清十郎です。

あなたは職場の上司から
嫌われ、職場の輪から
はずされてしまった経験は
ありますか?

「はい」

とお答えの方は
大変な思いをしたと
思います。

というのも、
職場にいるだけで

悪口を直接言われたり、
自分のいない場所では
陰口を叩かれるからです。

そうなると、
仕事に集中できないばかりか、
精神的に危険な状態になり、

うつ病、自律神経失調症、
不安障害になる人もいます。

そこで、今日は職場の輪から
排除されてしまう理由と対処を
お伝えします。

■職場の輪から排除される理由

あなたが「人間関係のルール」
を守っていても、

職場の輪から外されてしまう理由
それは……

マニピュレーターの
イメージ操作が原因です。

マニピュレーターは
簡単に言うと、人を操作する
人のことです。

マニピュレーターに目をつけられると、
まず「イメージ操作」をされます。

イメージ操作とは、
あなたが「悪い人間」であり、
「排除しなければならない」
というイメージのことです。

具体的には、
ミスをしたことを何度も同僚や上司に
話して「あいつはミスをする人間だ」
というイメージを強くしたり、

何かできていないことがあると、
「普通は~するだろ? なんでやらねぇのかな?」
などと職場の人に話をするのです。

すると、マニピュレーターの周りの人は
あなた=「排除する存在」と認識するようになり、
職場で孤立することになるのです。

■マニピュレーターのイメージ操作を
覆す方法

マニピュレーターの宣伝する言葉とは
真逆の行動をとるようにすれば
イメージを逆に操作できます。

たとえば、「ミスをたくさんする」という
マニピュレーターの発言に対して、

対策を打ち、
ミスをしないようになりましょう。

その際、上司や同僚に「ミスが多くて悩んでいる。
何がよい解決策はないか?」と相談しておきましょう。

そして「~さんのアドバイスを取り入れたおかげで
ミスが減りました。ありがとうございます」
と感謝を伝えておきます。

すると、マニピュレーターとしては
周囲の人間を操作しづらくなっていきます。

なぜなら、マニピュレーターが
「あいつはミスが多い」と言ってしまえば、

間接的にアドバイスをした人たちに対して
「お前のアドバイスは全く効いてないぞ!」と
唾を吐く行為になるため、

マニピュレーターの悪口を封殺することが
できるのです。

■プラスアルファの効果

またこうした「教えを乞う」行為は
相手に「俺は価値がある」と思わせることが
できるので、

相手としてはとても心地よい
気持ちになります。

※ただし、あなたがアドバイスをちゃんと聞き、
改善できた場合に限ります。

こうした活動をすることで、
職場内でのあなたの立場が
急速に高まっていきます。

そうなれば、マニピュレーターは
あなたに対してますます攻撃できなくなります。

■大切なことはいつも1つ

ちゃんとわたしたちは
問題に対して対策を打ちましょう。

放置していれば問題が解決する
こともありますが、

放置すると、問題が大きくなることも
多いです。

問題が大きくなる前に、
わたしたちは潰していくのです。

進藤清十郎

★───────────────
職場のハラスメント、悪口、嫌がらせに対する
具体的な対策方法が知りたい方はこちらの
無料講座がおすすめです。

無料メール講座「職場で攻撃してくる人の非常識な対処方法」
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adbGHSvg

★───────────────
職場の人間関係・コミュニケーションの問題を
最速・簡単に解決する!

職場の問題に苦しむ人のための
脳科学・心理学マニュアル

■発行元
進藤清十郎

■WEBサイト
https://www.comurabo.com/

■進藤への質問、お問い合わせはこちらです
comurabo@gmail.com