【職場の人間関係】「お前はいない方がまし」

■ 重要な案内 ■

先日紹介した【職場の心理学】ですが、
いつもご愛読いただいている読者の方限定で、
期間限定の特典をつけることにしました。

※特典は申し込みの状況により、
急になくなることがあります。
また消えた特典は二度と復活しません。
「ください」と言われても、お渡しできませんのでご注意ください。

3月16日から3月21日24時00分までの特典

1 PDF「3980円分をすぐに無料で稼ぐ方法」
 →この特典を手に入れることで、実質無料で職場の心理学が手に入ります。

2 あなたの人生のプログラム知るワーク
 →このワークをすることで、あなたの人生を「不幸」にしている原因を特定でき、
  それを修正することで自分の真の幸せ・平穏を手に入れることができます。
  「~できない……」「私はダメ……」「やる気がでない……」
  というメンタルの問題を長年の問題を今、解決するチャンスです。

3 PDF「社畜のストレスの取説チェックリスト」
 →社畜でも、仕事のストレスをため込まずにいられる
  ストレスの取り扱い説明書です。

  このチェックリストを手に入れるだけで、ストレスをため込まずに
  いられるようになります。ストレスが多い人には必需の強力なアイテムです。
  

今だけの特典を手に入れて、
実質無料で手に入れたい方は、
すぐにこちらからあなた自身に「投資」をしてください。

【職場の心理学 プログラミングマスタリー】
→http://comurabo.world/lp/

──────────────────────────

こんにちは
職場の『嫌な人の問題』
解決トレーナーの
進藤清十郎です。

あなたも経験した
ことがあると
思いますが、

度重なるミスや
ノルマを達成できない場合、

上司から嫌われ、
「お前はいない方がまし」
と言われたり、

職場の同僚やパートさん
からも「あいつはバカ」と
陰口を叩かれることが
ありますよね?

そんなとき
頭がまっしろになって
仕事に集中できなくなったり、

家に帰った後も
「もうあの職場に行きたくない」
と不安と恐怖でいっぱいな
気持ちで過ごさないといけません。

そこで今日の授業では
「お前はいない方がまし」
と言われるほど

関係が悪化した場合に
とる緊急対策をお伝えします。

実際にあなたが
そういう状況に
置かれていると
リアルにイメージしてください。

では授業をはじめます。

◎まずミスしない対策を

初めてする作業ではなく、
何度もしている作業で
ミスをするような場合、

脳機能が十分に働いていない、
ことが原因の1つとして
挙げられます。

睡眠時間は
最低でも6時間(可能なら7時間)

食事は魚や野菜中心にする
(自炊ダメなら大戸屋)

1日20分でもよいので、
ウォーキングをする、

この3つを最低限、
対策していれば、

脳機能は今よりも
働くようになり、

ミスが減り、
ストレスも軽減される
だけでなく、

仕事のパフォーマンスを
高めることができます。

◎職場のコミュニケーション

「お前はいない方がまし」
と職場のほぼ全員から
言われるような状況では

部署を変えるように
人事部に相談して、

別の部署に異動した
方がよいのではないか、
と思います。

しかし、
「職場いじめがあります」
と人事部や労働組合に
相談しても動いてくれない
ケースがあります。

「あなたに問題が
あるんじゃないの?」
と責められることすら
あるのです。

もしくは
「進藤さん、相談するのは
ハードルが高いです……」
と不安が強いあまり、
相談できないこともあります。

このような場合、
どうすればよいでしょうか?

少し考えてみてください。

わたしの答えは……

「価値観(プログラム)
を書き換える」

つまり、
職場の人があなたのことを
「ミスばかりして、足をひっぱる
いない方が楽な存在」だと
思っている状態から、

「一生懸命がんばるだけでなく、
しっかり気配りをしてくれる
存在」というように良いイメージに
書き換えることで

あなたは職場の人から
「お前はいない方がまし」
と言われるようなことは
なくなります。

◎価値観を書き換える方法

価値観を書き換えるには
いくつも方法があります。

たとえば相手を誉めたり、
共感を示せば、

相手のあなたへの価値観は
良いものに変わっていきますし、

逆に相手を否定したり、
馬鹿にするようなことを
すれば、

相手のあなたへの価値観は
悪くなります。

このケースでは
ミスを最小限に抑えつつ、

職場の人に好意的なイメージを
刷り込んでいくことが
望ましいです。

ただ、この方法はメルマガで紹介しても
「進藤さん、できないです」と
感じる方が多いです。

それは当たり前です。

専門家にフィードバックをもらい、
できるだけあなたの事情、職場の状況に適した
アドバイスをもらわなければできません。

そこでこちらのプログラムでは100日間まで
100回まで上限でメールで質問できる特典がついています。

3回往復のメールで3000円取る業者が多い中、
100回で3980円(しかもサービスはそれだけではない)
なので、あなたが納得できるまで聞きまくることが
できます。

こんなサービスがついているのは
おそらくこの講座だけです。

【職場の心理学 プログラミングマスタリー】
→http://comurabo.world/lp/

進藤清十郎