【進藤清十郎】女性が多い職場では?

こんにちは

進藤清十郎です。

今日もメールを開いてくれて

ありがとうございます。

あなたは今、

女性が多い職場で

働いていますか?

「そうです、進藤さん。

女性ばかりの職場で、

うまく人間関係が作れません」

「わたしは女性ですが、

女性ばかりの職場は

肌に合いません」

とお悩みの方に向けて、

今日の授業では

「女性ばかりの職場での

コミュニケーション」

をテーマにします。

では授業を始めます。

◎女性は~を求めている

「女性は~を求めている」

あなたに質問です。

~に入る言葉は何でしょうか?

少し考えてください。

わかった方は心の中で挙手を。

では答えを発表します。

その答えとは……

「共感」

女性は共感を求めている、

あなたは一度は聞いたことが

あると思います。

女性に限らず、

男性でも共感が必要ですが、

女性の場合、

共感がすごく大切です。

これはわたしの体験談ですが、

わたし以外女性の職場で

働くことになったことが

あります。

最初は論理的や合理性を

押し出してコミュニケーションを

とっていたのですが、

中々人間関係が深まらず、

言い争うこともありました。

しかし、

女性との会話で「共感」を

意識して会話するように

対策をうったところ、

「進藤さんは女子力高い」

「進藤さんはちゃんと話を

聞いてくれるからつい話しちゃう」

などと、職場の女性たちと

仲良く会話ができるようになり、

プライベートのディープな悩みまで

打ち明けられるようにも

なったのです。

◎なぜ、共感か?

進化心理学によると、

女性は共感を、男性は論理を

発達させる必要があったので、

女性は男性よりも

「共感」を大切に

している、とのことです。

◎女性に好まれる共感

たとえば、スイーツが大好きな女性に

「スイーツが好きですか?」

とあなたが言われたら、

どう答えますか?

「いや、甘いものが苦手で……」

「スイーツいいですよね。大好きです」

大体、この2択から

選ぶケースが多いと

思います。

あなたはどちらの選択が

いいと思いますか?

では、それぞれの回答を

見ていきましょう。

「いや、甘いものが苦手」と

正直に答えるのは悪いこと

ではありませんが、

「スイーツが大好き」と

いう女性の気持ちに

寄り添えていません。

「甘いものが苦手ですが、

~の~は美味しかったです」

と答えるようにすると

いいでしょう。

「スイーツいいですよね、大好きです」

と答える場合は

相手の気持ちに

寄り添っているので、

共感ができています。

まず第一声目に共感を

示せると、

非常にグレートです。

ただ、嘘をつくと、

会話をするなかで

バレるので、

本当にあなたが

一ミリを感じていない共感は

あまりしない方がよいです。

*甘いものが大嫌いなのに、

「甘いものが大好き」と

言ってしまうのは危険。

それなら、

「甘いものは嫌い」と

言った方がいいでしょう。

そう、

共感は可能な限りする努力をした方が、

特に女性には好まれます。

しかし、嘘の共感では

いずれバレるので、

そのようなケースでは

素直になった方が

ベストです。

*ただし、フォローが

必要です。

進藤清十郎